伊勢志摩へおいないさぁ~
総アクセス数:2180345
今日のアクセス数:549
昨日のアクセス数:858

伊勢志摩へ行きたくなるような観光のバリアフリー情報や、地元の人だからこそお伝え出来る情報を、リアルタイムに発信していきます。

海のバリアフリーイベントin安楽島漁港

こんにちは
NPO法人 伊勢志摩バリアフリーツアーセンターの中村千枝です。

3月も半ばというのに、寒い日が続いていますね。
みなさん、いかがお過ごしですか?

さてさて、この週末(3月10日 土曜日)に安楽島でスペシャルイベントがありましたので、
ご報告致します。

題して
海のバリアフリーイベントin安楽島(あらしま)漁港


これは、鳥羽市社会福祉協議会主催のイベントで、鳥羽市、海島遊民くらぶ、伊勢志摩バリアフリーツアーセンターや地元ボランティア団体、鳥羽磯部漁業協同組合様のご協力の元、開催されました。

例年、海のバリアフリーイベントは
バリアフリーの市営海水浴場である、安楽島海水浴場で、
ランディーズ(水陸両用車いす)や、クリアカヤックを使って夏に行われますが、
昨年は台風の影響で中止となり、
その代替イベントとして再検討。

そこで、鳥羽の特産品でもあるカキに焦点を集め、
安楽島漁協でのイベントを企画。
漁協内散策や、カキ小屋の見学、カキむき体験などを行いました。

当日は直前まで降っていた雨は上がったのですが、、
風がとても強く、寒い中でのイベント。
でも、本当に楽しかったですよ~。

参加者の内訳は、車いす、片マヒの方や、視覚障がい者、聴覚障がい者など7名+家族2名。
また、地元の小学生や中学生もサポート隊として参加してくれました。

海ばりイベントの目的は
・日頃自然を楽しむことのできない障がい者に、鳥羽の自然(海)を体感してもらう。
・地域人たちやのボランティア(子供たち)との交流
です。

安楽島漁港を散策したり、魚の放流をする間も、
子供たちが率先してサポートする姿は、本当に心温まるものがありました。

(写真説明1)養魚の放流



(写真説明2)車いす介助を行う中学生。


(写真説明3)視覚障がい者の手引き。 めかぶを手にとってもらい、調理方法を説明。

※めかぶとは、ワカメの根っこの部分のこと。

(写真説明4)聴覚障がい者には、筆談ボードを使って会話。



(写真説明5)裏方作業も率先して行う小学4年生!



地元のカキ業者の方も飛び入り参加で、
カキのむき方や、安楽島のカキ養殖の歴史について、説明してくださいました。



翌日の3月11日は、震災より1年。
昨年の津波では、鳥羽磯部漁協も深刻な被害があり、
特にカキ養殖の筏(いかだ)は大きなダメージを受けました。

更に、深刻だったのは、種ガキの仕入れ先の宮城県の産地が壊滅的な被害を受けたことで、
一時は今年の収穫が危ぶまれたそうですが、
自ら種ガキを作り対処したそうです。

そうした地元の方々の努力の結果、見事に復興し、
とても身入りの良い美味しい大粒のカキを収穫することができました。

散策の後は、組合長のご指導の元、
専用のナイフを使ってカキむき体験!




ぷっくりと大きなカキさんとのご対面です。

むいたカキは、昼食時に味噌汁の具として、みんなの胃袋の中へ!!

火を通しても大粒でカキはジューシーで本当に美味しかったです。

今回は夏のイベントが中止となり、紆余曲折を経てのイベント開催でしたが、
アイデア溢れる企画と、人をつなぐ力で、
とても有意義なイベントになりました。

今回、会場の提供から、当日の様々な手配、カキ養殖の説明などなど、
ご尽力いただきました鳥羽磯部漁業協働組合様には、心より感謝申し上げます。


鳥羽の海の恵と、人の温かさに感謝した、
とっても意味のある1日でした。



伊勢神宮内宮周辺にて、車いすレンタル実験開始!

みなさま こんにちは。伊勢志摩バリアフリーツアーセンター なかやまです。


伊勢志摩バリアフリーツアーセンターでは、以前から鳥羽市と協働で、
「どこでもチェア」という、車いすの無料レンタルを行っています。
これは、車いすを、各施設ごとでの貸出しでなく、
滞在中継続してご利用いただけるようにしたもの。
鳥羽市内の貸出し・返却ステーションなら、どこで借りてどこで返してもOKという、
便利なシステムです。

おかげさまでご好評をいただき、
「これがあるから鳥羽に来た」と言ってくださった方もいるほど。


しかーし。
鳥羽にいらっしゃったお客さまが観光していかれるのは、
鳥羽市内の施設だけではありません。

鳥羽+伊勢神宮、というルートの方が非常に多いのです。
となると必然的に、「伊勢市駅で借りたい」「伊勢神宮の周辺で返したい」というご要望も。
そんなときにどうしているかというと…
「無理でーす!」とはできるだけ言わないのがモットーの私たち。
ハイ、スタッフが伊勢まで車いすを運んでいます。わざわざ。


けれど、正直なところかなり負担になっているのも事実。
で、前々から、伊勢市役所さんに、「伊勢でも車いすレンタル始めませんか~?」と
打診していたのです。
伊勢市の方も前向きにご検討くださり、今回、本格的なレンタル事業開始に向けて、
情報収集のために期間限定車いすレンタルが行われることになりました!


期間:平成24年2月13日(月)~2月26日(日)
   午前9時30分~午後4時(受付は午後3時30分まで)
貸出・返却場所:
   ①宇治浦田駐車場内 お休み処
   ②内宮前バス停横 お伊勢さん観光案内人 案内所
料金:無料
注意:借りたところに返してください。
   「どこでもチェア」とは違いますので、鳥羽まで持ってくることはできません。


               (くわしくはコチラ→車いすレンタルチラシ(PDFが開きます)

内宮近くの「おかげ横丁」でも車いすの貸出しはありますが、

横丁内のみの利用で、散策中ずっと借りられるものではありませんでした。
ちょうどこの時期に内宮にいらっしゃる方にとっては朗報ですね!


ぜひ、期間中たくさんの方にご利用いただき、
「こんなに需要が多いなら、来年度は本腰入れて整備せねば!」と
伊勢市の方に思っていただきたいものです。

伊勢神宮
に、おいないさぁ~!


写真をクリックすると別ウィンドウで拡大写真を表示します。
添付画像
添付画像


志摩ロードパーティ2012 バリアフリーパーティラン募集開始!

みなさま こんにちは。伊勢志摩バリアフリーツアーセンター なかやまです。
今年もいよいよ志摩ロードパーティ2012 バリアフリーパーティラン」の募集が始まりました!
今年は、2012年4月22日(日)に開催されます。

(昨年のようすはこのブログでもお伝えしました。)


「志摩ロードパーティ」とは、
三重県志摩市の「志摩スペイン村」周辺を会場に行われるマラソン大会

起伏が非常に激しい難コースとして知られていますが、にもかかわらず
「景色がいい」「もてなしが
嬉しい」と、毎年8000人もの方が参加しています。
そしてその中の一種目に、「バリアフリーパーティラン」という障害者専用コースがあり、
伊勢志摩バ
リアフリーツアーセンターが全面サポートをしています。
障害者のスポーツイベントはたくさんあると思いますが、
一般の大会の中にバリアフリー部門があると
いうのは、とても珍しいハズ。


バリアフリーパーティランのコースは約2km。
障害のある参加者さんには、ご本人の希望に合わせ、
伴走などのボランティアさんを手配するので安心です。
また、途中の急坂には力持ちの男性陣による「坂道ボランティア」さんが待っていて、
車いすを押してくれるのでらくちん

視覚障害の方には、手引きに慣れたボランティアさんが対応しますよ。


車いすで激走するも良し、
ボランティアさんと手をつないでゴールするも良し、
仮装して楽しく走るも
良し。
はい、仮装大歓迎です!


このバリアフリーパーティランも今年で4回目。
年々参加希望の方が増え、締め切り日より前に定員になるのが恒例となってきました。
ご希望の方はお早めにお申し込みくださいませ。
詳しくは、伊勢志摩バリアフリーツアーセンターのホームページ特設サイトをご覧ください。
昨年のようすを写真でご紹介しています。素敵な笑顔の写真ばっかりですよ!
お問い合わせ、お申し込みは、伊勢志摩バリアフリーツアーセンターまで。

また、大会運営をお手伝いしてくださるボランティアさんも大募集中。
志摩の空の下で参加者さんと一緒に笑いたいなぁ、という方、

伊勢志摩バリアフリーツアーセンターまでお問い合わせください。

志摩ロードパーティに、おいないさぁ~!


写真1:スタートのようす
写真2:視覚障害の参加者さんとボランティアさん
写真3:仮装姿で はいポーズ!


写真をクリックすると別ウィンドウで拡大写真を表示します。
添付画像
添付画像
添付画像


伊勢市内 年末年始の交通規制とパーク&バスライドのお知らせ

みなさま こんにちは。伊勢志摩バリアフリーツアーセンター なかやまです。

今日は大晦日。明日は2012年です。
早いものですね・・・。

新年といえば初詣。
みなさまご存知の伊勢神宮には、1月だけで200万人ほどの参拝客が訪れます。
ちなみに、伊勢市の人口は10万人ちょっと。
ありがたいことなのですが、道路が大渋滞するのも事実・・・。

ということで、伊勢市内では、年末から1月末にかけて、交通規制が行われます。
合わせて、12月31日深夜~1月4日までと、1月7日・8日には
「パーク&バスライド」も行われます。

詳しくは、センターのHPをご覧ください。

地元民としては、
「1月中の土日に車で伊勢に来るなんて、やめたほうがいいよ!」
と申しあげたいところなのですが、
新しい年になったばかりのこの時期にどうしても来たい方、
また、土日でないとお休みの取れない方もいらっしゃることでしょう。

伊勢にお越しいただく予定のある方は、ぜひセンターにお電話ください。
地元民だからこその道案内や、車いすトイレ情報などお伝えします。
紙の情報ではなかなか、交通規制の全貌や、実際のようすがわかりづらいことと思います。
「大渋滞でひどい目にあった、伊勢なんかもう二度と行きたくない」なんて気持ちに
なっていただきたくないのです。

年末年始も、伊勢志摩バリアフリーツアーセンターは通常営業をしています。
どうぞ 0599-21-0550 まで、お気軽にお問い合わせください。

ではみなさま、よいお年を・・・。