伊勢志摩へおいないさぁ~
総アクセス数:813603
今日のアクセス数:442
昨日のアクセス数:1050

伊勢志摩へ行きたくなるような観光のバリアフリー情報や、地元の人だからこそお伝え出来る情報を、リアルタイムに発信していきます。

4/23 駅ボラ研修会

こんにちは
伊勢志摩バリアフリーツアーセンターです。

2017年
5月4日(木・祝)・5日(金・祝)・6日(土) の3日間開催の駅ボラを前に、
4/23(日)に、鳥羽ビジターセンターにて、駅ボラ研修会を開催しました!

今回の研修生は、16名
新人さんには必須の研修ですが、
毎回新しい情報もあるので、それを知りたいと、
内、5名は駅ボラ経験者の方々でした。

まずは、野口事務局長からあいさつ&自己紹介タイム


そして、フィールドワークへと出かけました。

鳥羽駅周辺見学ツアーです。

鳥羽マリンターミナルにて


鳥羽1番街にて



・・・そして、JR鳥羽駅がわ階段の車いす担ぎ上げ研修
(残念ながらですが、恒例です)


カモメの散歩道にて


近鉄鳥羽駅前の危険個所のチェック


座学の様子

鳥羽ガイドボランティアの会の江崎会長にも
一言いだだきました。
江崎会長は、駅ボラマスターでもあられますっ!!

今年のボランティアは、全部で43名!

同じく当センターが運営する
「菓子博おもいやりセンター」とも連動した駅ボラ活動で、
皆様をお迎えいたします!

オレンジのベストを着たボランティアを見かけたら、
是非声をかけてくださいね!



志摩ロードパーティ2017 バリアフリーパーティラン(4/16) 

こんにちは
伊勢志摩バリアフリーツアーセンターです。

昨日、は志摩ロードパーティ2017 バリアフリーパーティラン開催の日!

伊勢志摩バリアフリーツアーセンターでは、この大会の一種目として、
9年前から「バリアフリーパーティラン」コースを企画・運営しています。
この種目は、身体の不自由な方とその同走者専用のコースで、
距離は約2キロ。志摩スペイン村をスタート後、的矢大橋を渡り、折り返してくるコースです。

障害者だけのスポーツイベントは全国にいくつもありますが、
これほど規模の大きいマラソン大会の中の一種目としてバリアフリーコースが設けられ、
しかも公道を走れる!というのは、今のところこの志摩ロードパーティだけ!!
だからこそ、参加者のみなさんは、参加を本当に心待ちにしていらっしゃいます。

昨年は伊勢志摩サミットの関係で大会内容が変わりバリアフリーパーティランは実施されなかったため、
今春は2年ぶりの開催となりました。

そして、久しぶりに晴天でした!!

何年ぶりだろ~。

朝から青空!風もなく、こんな安定した天気の中での大会って、
信じられないぐらい・・・
だって今までが本当に雨にたたられていたんですもの。
そして、数日前までの天気予報でも雨マークが・・・

だから、降水確率0%だっていうのに、ウチの事務局長は、かっぱを持ってきたぐらい・・

しかーし、そんな過去の歴史を払拭するぐらいの晴天。
ちょっと暑すぎたくらいだけど、
過去最高の出席率でした!!

90名のボランティアも、誰一人欠席せず、
朝、8:30集合にも誰一人遅れず、
志しの高い、ボランティアさんが勢ぞろい!

今、当センターで働いているスタッフが4名なので、
こうしたボランティアさん無くては、この大会は成り立ちません!

リピーターボランティアも多く、心から頼りになる仲間に恵まれ、
幸せですっ!!

そして、参加者の皆さんも!!

2017年バリアフリーパーティランエントリー
参加者142名(未就学児3名含む) 
内、障がい者68名
(障がいの内訳: 車いす32名、歩行障がい2名、知的発達障がい・自閉症など31名、視覚障害者3名)
(参加都道府県: 愛知、大阪、兵庫、京都、奈良、滋賀、和歌山、静岡、三重)


障害は、重複障害の方や、重度の障害をお持ちの方もいて、
この数字だけでは見えてこない様々な「ドラマ」があります。

それぞれの思い入れも深い。


障害者専用コースといったって、坂だらけだし、
大きな大会を間借りしての開催は、制約も多く、
悪天候の日でも、参加者が雨宿りする場所も十分に確保できないような環境。

しかし、参加者のみなさんが本当に楽しみにしていただいていて、
過去の大雨・大風の日でも、欠席者がとても少なく、
我々スタッフもびっくりするほどでした。

志摩ロードパーティには色々なコースがあるため、
ご両親はマラソンに!
そして子供さんは、バリアフリーパーティランに!

また、知的発達障害のグループ参加の方は、
昨年はパルケパーティランだったけど、今年はバリアフリーパーティランに。

バリアフリーパーティランから、10kmコースへと巣立っていった仲間もいます。

それぞれが、それぞれの楽しみ方ができるのも、
この志摩ロードパーティの特徴!

コース上最も過酷な150mの急な上り坂(復路は下り坂)に車いすを介助する坂道ボランティアはいても、
本人が「助けてくださ~い」と申し出るまで、手は出しません!

2015年参加してれた仲間が、
こんな素敵な投稿をしてくています。

2015年 SNSの投稿(一部抜粋)
********************
....このマラソンコース、アップダウンめっちゃすごいんです。
"バリアフリーパーティラン"にも強烈な坂が1つ。
多分、これが皆さんの
「楽しみ」の1つなのかも。
自走でチャレンジする人、
坂だけは介助を頼む人
(ボランティアの介助者を希望すればついてくれます)、
電動でのぼる人、
杖で休み休み行く人…等々。

「自分の能力が分かってるからできる行動なんだなぁ。」と、


*******************

ねっ!
我々の願い、目的がちゃーーんと参加者に伝わっている!

更に
******************

そして、 運営して下さってる皆さんの大会当日までの準備等を思うと、ほんとすごいですよね。
ボランティア研修や宿泊手配関連、その他大会事前から細かなケアを。
私なら逃げたくなる。笑

でも、だから皆さん安心して、勇気だして、外に出てこれる気が。

本当に感謝です。

楽しみつつ、色んなことを感じた1日でした♪

******************

ちゃんと伝わってるんだねぇ。
嬉しいねぇ。
涙出ちゃうねぇ。

この方、今年も参加してくれて、選手宣誓もおねがいしちゃいました!



選手宣誓
「宣誓、私たちランナー一同は、志摩の景色、海風を感じながら、
チャレンジ精神と多くの出逢いへの感謝を忘れず、
一生懸命楽しく走ることを誓います。」


この「出逢い」という言葉に、深~~~い意味があるんじゃないかと。
一緒に走る仲間、会場で応援してくれ、サポートしてくれるボランティア、
そして、勇気を持ってチャレンジしたことによって、新たな自分との出逢い・・・

ホント、バリアフリーパーティランは、
勇気を持ったチャレンジャーの集いなんですっ!

だから、パワーと笑顔があふれているんですねぇ。

以下、写真を掲載します。
ごくごく一部ですけど、お楽しみください。

このブログにお立ちより頂いた方には、きっと幸せな気分になれることでしょう!
保障します!





















最後の2枚の写真は、視覚障害者ハーフマラソンランナー&伴走2名の様子です。


手を振って応援に応えてくれています。

参加者の女性は、なんと、大分県から毎年参加!

伴走ボランティアさんともおなじみなので、
ボランティアさんが走行中にランナーと繋ぐ輪っかのロープを手作りして持ってきてくれました。

ロープには、綿を詰めたハートの飾りが付いています!

乙女です(笑)



12月3日(土) 野口みずき杯「2016中日三重お伊勢さんマラソン」 障害者専用コース「バリアフリーラン(約1.7km)開催!

こんにちは


伊勢志摩バリアフリーツアーセンターです。

伊勢市を舞台に開催されるマラソン大会「中日三重お伊勢さんマラソン」に、2016年から、障がい者専用コース「バリアフリーラン(約1.7キロメートル)」が新設されました!
市民の皆さんなどからの声によって、新設された種目です。

昨日、記念すべき第一回大会が行われました!
http://www.barifuri.com/tourcenter/event/161203-ise/161203-ise.html

バリアフリーランの企画・運営は、伊勢市・伊勢志摩バリアフリーツアーセンターが協働で行っています。

「中日三重お伊勢さんマラソン」のランニングの部は、7,700人もの定員が募集開始直後に埋まるというほどの、大人気の大会。
ウォークの部とランニングの部の別に、2日間に渡って開催されますが、
バリアフリーランは12月3日(土)、ウォークの部との同日開催でした。

バリアフリーランの特長は、一人ひとりのペースに合わせて走れること。
それぞれのお身体の状態や体力に合わせて、
ご家族やご友人、お仲間と一緒に楽しみながら参加できます。
また、希望者にはボランティアによる伴走サポートを行い、
参加者全員のタイムも計測しました。

■バリアフリーランの概要------------------------------------------------------------------------
 参加者数 58名(プラス、家族・友人などの伴走者 81名)
障がいの内訳:手動車いす(自走)10名、手動車いす(介助)14名、電動車いす6名、
歩行障がい3名、内部障がい1名、知的障がい・発達障がい24名
 参加府県:静岡県、滋賀県、大阪府、三重県


朝、8時10分 ボランティアミーティングの様子。


受付を済ませた参加者へ、記念撮影!






会場内イベントには手話通訳!


今年から、伊勢市出身のアテネオリンピック女子マラソン金メダリスト野口みずきさんの永年の功績 を讃え「野口みずき杯」として開催されていますが、
その野口みずきさんからも、笑顔で激励がありました!


スタート前には、伊勢市 鈴木市長、野口みずきさんを交えて、参加者全員と記念撮影!


スターターは野口みずきさん!


スタート直後の様子


参加者の激走





給水所の様子


ゴールの様子







最終ランナーも、制限時間内に完走!

自走車いすで坂を上りきりました!


みんな笑顔ですっ!


バリアフリーランは第一回ということで、いろいろと反省点はありましたが、
参加者の方々が全員、無事ゴールできたことは何より!

我々にとっても、楽しい1日でした!!

こうして無事に大会を終えることができたのも、
参加者の方々のがんばり、
そして、ボランティアのみなさんのご協力の賜物!

参加者もボランティアも、
志摩ロードパーティ バリアフリーパーティランに続いての参加も多く、
おなじみさんも沢山いらっしゃいます。

また、伊勢市開催ということで、伊勢市民の参加者が多かったのも嬉しいこと。

地元での大会を心待ちにしていらった方が多く、
特に知的発達障害の方は、地元の慣れた場所(見通しの効く場所)というのが、
参加しやすい条件だったようですね。

会場には、本当に様々な障害を持つ方がいらっしゃいましたが、
家族も含めて、本当に楽しそうなんですもの。
関わったすべての人たちが幸せを感じたひと時でした。

この幸せを一人でも多くの方にお伝えしたくて、
今日のブログは沢山写真を掲載しました。

写真を見ることのできない方、様々な年齢の障害者のランナーが、
お一人で、又は、家族やボランティアの伴走者と、
うれしそーーな笑顔で走っている姿を想像してください!!


伊勢での大会ということで、この後、伊勢神宮に参拝される方とか、
前泊や後泊をして、ゆっくりと伊勢志摩旅行を楽しまれる家族もみえました。

・・・と余韻に浸る間もなく、
2017年の志摩ロードパーティ バリアフリーパーティラン開催は、
2017年4月16日(日)!

年に2回、障害者マラソンイベントの運営をすることになった伊勢志摩BFTCなのですよ~。
あら大変!

そっちの準備に取り掛かり、
なるべく早い受付開始を目指しますので、
もう少しお待ちください!!

とりあえず、今日の我々は、お伊勢さんマラソン バリアフリーラン、お疲れ様でしたということで、
許してくれ~



三重ジョブ キッズキャラバン「バリアフリー観光ガイドの仕事」

こんにちは
伊勢志摩バリアフリーツアーセンターです。

9月19日(月・祝)に開催したイベントをご紹介します。

三重ジョブキッズキャラバン
https://www.mie-caravan.com/


三重県各地をまわる職業体験イベントとして、昨年に続き、今年も各地で開催!


実施・運営は あの、キッザニア(KCJ GROUP株式会社)さん!

実際に三重県に来て、色々なお仕事体験をするという、
いわば、リアルキッザニア!とでも言いましょうか、
とても素晴らしい企画ですよね!

9/19は伊勢地域での体験日。


伊勢志摩バリアフリーツアーセンターでは、「バリアフリー観光ガイドの仕事」として、
車いすの観光客に、外宮参拝時のサポートと観光案内をしてもらうという体験を実施しました。

体験は
①10:00~11:30 4名
②13:00~14:30 6名
の2回に分けて。

小学生~中学生のお友達が参加してくれました。

まずは、レクチャー。


障害者というと、まず、車いすの人を思い浮かべるとおもうけど、
色々な障がいをもった人がいるよね!

「パラリンピック」をテレビで見て、どんなふうに感じたかな? 

様々な障害を持った人に、バリアフリー観光では、どんなお手伝いが必要かな?

お客さんが安心してもらえるようにするには、どうすればいいかな?

もし、みんなが「よっこいしょ」とか「あーつかれた」とか言ってしまったら、
お客さんはどう思うかな?

明るく、元気に、大きな声でガイドができるかな?
お客さんに楽しんでもらうには、どんなことに気をつければいいかな?



そして、車いすのレクチャー



いよいよ、観光客とご対面!

レクチャー通り、元気よく、丁寧なご挨拶ができました!

この日は、志摩にある就労継続支援センター「たまりば」さん(お弁当やさんです!)のスタッフ2名が観光客役!

外宮の参道では、車いすのキャスターが玉砂利ひっかからないよう、
車いすにタオルをひっかけて、前からひっぱるようにして、3名で介助します。



そして、要所要所で、外宮の案内をしました。




ガイドでは、
・なぜ神宮が伊勢にあるのか
・神様の食事は1日2回
・神宮におみくじが無い理由
・外宮のバリアフリー
などなど、トレビアな情報が満載です!



私はこの日はにわか先生!
子供たちには「先生と呼んでね!」ってお願いたのに、
自分のことを3回も「おばじゃんが・・・」って言って、そのたびに、子供たちに指摘されたりして(笑)

みんな、みんな、とてもまじめに真剣に、
そして楽しく体験してくれました!

感想にも「楽しかった!」という意見が多く、
そんな楽しい気持ちでのガイドが、観光客にも伝わるんだよ~と総評。

最後に一人一人の感想を述べながら、
給料明細書を子供たちに渡して終了です。


この体験にね、わざわざ関東方面から日帰りで来てくれたお友達もいるんですよ!
それも、「実際に体験ができるプログラムはこれだ!」とこの体験を指名してくれたようだったので、
台風の影響で中止になるのではと心配でしたが、
曇り空のまま保ってくれて、ほっとしました!

その他にも、伊勢志摩バリアフリーツアーセンターのことを知っている親御さんが、
応募してくれた方もいらっしゃり、本当にうれしい出会いでした!

私は「にかわ先生」でしたが、
子供たちといっしょに体験できて、私も楽しい1日でした!

そうそう、実はこのプログラムには、障害を持ったお子さんの参加、OKだったんです。
もし、車いすのお子さんがいたら、目線でのアドバイスをもらったり、
その他の障害のお子さんでも、観光客役になってもらいたいなーと。

残念ながら障害を持ったお子さんの参加はありませんでしたが、
このプログラムを通して、色んなお友達と触れ合うきっかけになればと思うし、
三重県主催のイベントとして、「障害者差別解消法」への対応もありますしね。


実は、地元小学校の校外学習の講師の打診もあったりして、
この体験を生かす場が早々に訪れるのでは!と期待しています。

もし、ご要望がありましたら、
「にわか先生」のプログラム、是非体験してください!
・・・有料ですけど。

お問い合わせ
NPO法人 伊勢志摩バリアフリーツアーセンター
〒517-0011 三重県鳥羽市鳥羽一丁目2383-13 鳥羽一番街1F
TEL:0599-21-0550  FAX:0599-21-0585
URL http://www.barifuri.com E-MAIL iseshima@barifuri.com



「三重県バリアフリー観光PR用映像」が公開されました!

伊勢志摩バリアフリーツアーセンターでは、平成26年度の「三重県バリアフリー観光ガイド『みえバリ』」の制作に引き続き、平成27年度には、三重県観光政策課より「みえのバリアフリー観光推進事業業務」を受託し、バリアフリー観光県としての魅力を伝えるための「三重県バリアフリー観光PR用映像」の制作を行ってまいりました。


そして、このたび映像が完成し、youtube上の「チャンネル三重県」にて公開されました!

https://youtu.be/Q5bx2lvbWWY


わずか11分の中で三重県全域の観光地を紹介しておりますので、各施設ごくわずかしかご紹介できていませんが、三重県のあふれる魅力を伝えることができる映像に仕上がったのではないかと思っています。


また、視覚障害・聴覚障害の方の視聴もあることを念頭に、ナレーションや字幕も工夫しました。
ぜひ一度、ご覧ください!

本映像は、改変しない限り、自由にご利用いただくことができます。映像を使用したい場合は、ご連絡ください。