伊勢志摩へおいないさぁ~
総アクセス数:2277229
今日のアクセス数:125
昨日のアクセス数:1493

伊勢志摩へ行きたくなるような観光のバリアフリー情報や、地元の人だからこそお伝え出来る情報を、リアルタイムに発信していきます。

英語でコミュニケーション! 鳥羽商工会議所主催 TOEIC集中講座

こんにちは
NPO法人 伊勢志摩バリアフリーツアーセンター スタッフの中村です。

11/13(火曜日)から、鳥羽商工会議所主催の英語講座が始まりました!

3月までの全10回(1月は休講)。
午後7時~9時までの2時間講座です。

タイトルは
国際観光文化都市 鳥羽
英語でコミュニケーション!
TOEIC集中講座


英語が話せるようになりたい!
外国人とコミュニケーションをとりたい!と思っていらっしゃる方への講座です。

受講者は15名ほど。


メンバーは旅館の従業員や飲食店のシェフ、
地元エコツアーのスタッフ、商工会議所の職員など、
観光業従事者の他、
鳥羽市にある高校の女子学生さん2名も参加。

あっ、それから、ばりふりスタッフのワタシも受講してます。

駅ボラや、通常の業務でも、
外国人から観光案内を求められる事って、結構あります。

何せ、当センターは、観光ビルの1階にあり、
まるで観光案内所のような外観ですもの。

その時に、少しでも役に立てば!というのが受講の目的。


今までの英会話講座と違うのは、
目標をTOIEC受験に合わせていること。

TOICEのテキストを教材に、
リスニングとリーディングに特化した講座です。


先生は、志摩在住のデイビッド スミスィズさん 
イギリス人です。


今回の受講者、なかなかレベルが高そう!
初回なので、みんな緊張気味ではありましたが、
先生が話す英語を、ほぼ理解しているようでした。

また、先生の質問にも、
簡単な単語を使いながらも、皆さん、適切な答えをしていて、
感心 感心!


私はというと・・・
教材にそった話なら、ほぼ理解することはできますが、
「話す」ことになると、まだまだ、まだまだ です。

受講生の中には、アメリカに滞在経験のある女性や、
日夜、ラジオビジネス英会話で腕を磨いている男性など、
レベルの高い方もいらっしゃいました。


とにかく、3月までの講座、
皆勤賞を目指して、
もちろん、英語レベルのUPも目指して
がんばります!

そして、3月17日に行われるTOICEテスト!
・・・・・・・受験するかしないかは、もう少し考えます(笑)



「バリバラ」再放送のお知らせ

みなさま、こんにちは!伊勢志摩バリアフリーツアーセンター スタッフなかやまです。
昨日の「バリバラ」、見ていただけましたか?!
・・・私は見逃しました。あれぇ~??
忘れていたわけじゃないんですよ!1時間間違えていただけで・・・(>_<)。


私以外にもいらっしゃるかもしれない、そんなうっかりさんのために(?)、再放送のご案内です。
10月9日(火)深夜0:30~ Eテレです。


この、「火曜深夜0:30」というのは、「火曜日の夜」のことです。ほんとうは、「水曜日の午前0:30」というのが正しいのでしょうけど・・・。
「月曜日から火曜日になったすぐ」のことではないようなので、ご注意を!



10/5のNHK Eテレ「バリバラ」に、伊勢志摩バリアフリーツアーセンター他が登場!

みなさま、こんにちは。
早くも10月となりましたね。
早すぎる月日の経過にびっくりの、伊勢志摩バリアフリーツアーセンター スタッフなかやまです。
さて今日は、
「NHK Eテレ『バリバラ』に、伊勢志摩バリアフリーツアーセンター他が登場!」
という件についてのお知らせです。


みなさん、「バリバラ」ご存知ですか?
毎週楽しみに見ている、という方も多いと思いますが、念のためご説明しますと、
NHKのEテレ(旧教育テレビ)にて、毎週金曜、21:00から放映されている番組。
「バリバラ」とは、「バリアフリーバラエティ」の略です。
障害者番組というと、今までは、行政に怒ったり困難を乗りこえる姿に涙したり、といった、
どうも上から目線の、ステレオタイプな内容が多かったと思いますが、
それらとは180度違い、「障害者が本当に必要な情報を楽しくお届けする番組」というモットーで
タブー視されていた障害者の性やお笑いなども積極的に取り上げていて、
意表を突いた番組内容に、巷でも話題となっています。
そして、今週10/5のテーマは「旅行」。
伊勢鳥羽に旅行に行きたい車いすの女性が相談した先として、
伊勢志摩バリアフリーツアーセンターが紹介されることになりました!
ロケは、8月末の暑~い時期に、センタースタッフも同行して3日間にも渡って行われたのですが
番組で使われるのはわずか10分足らず(涙)・・・。
とはいえ全国放送で取り上げてもらえるのですから、嬉しいことです!
センタースタッフは、NHK大阪でのスタジオ収録にもお邪魔してきました。
スタジオでは、全国各地にあるツアーセンターと、そこでできるアクティビティとして、
福島での果物狩り・旭川での犬ぞり・沖縄でのダイビング・鳥取での砂丘散歩も取り上げられていましたよ!
・・・ただし、1時間半もあったスタジオトークを30分に編集するらしく、
放映ではバッサバッサとカットされているかもしれませんので、あしからず。
が、ゲストのふかわりょうさんが的確かつ楽しいコメントを挟んでくださっていたので、
きっと、面白い番組に仕上がっているハズと、期待しています。


みなさま、どうぞ今週の「バリバラ」チェックしてください!


放映日:10月5日(金)
テーマ:旅行
時間:21:00~21:30
CH:NHK Eテレ(元教育テレビ)
HP:http://www.nhk.or.jp/baribara/


写真は、スタジオ収録後に、出演者のみなさまと撮らせていただいたもの。
右端が、ゲストのふかわりょうさん。
左端が、司会の山本シュウさん。
中央の車いすの女性が、今回伊勢鳥羽にきてくださった、マキさんです。


写真をクリックすると別ウィンドウで拡大写真を表示します。
添付画像


鳥羽湾に大型客船「ぱしふぃっくびーなす」が入港!

こんにちは
NPO法人 伊勢志摩バリアフリーツアーセンターの中村千枝です。

9月16日、鳥羽港に大型客船が入港!



鳥羽マリンターミナルから、志摩マリンレジャーの「フラワーマーメード」に乗って、
お見送りをしてきました!




鳥羽では、大型客船の出航時に、遊覧船の乗ってお見送りをする
「リメンバー赤いハンカチ」を行っています。

これは鳥羽で、養殖真珠の技術を世界ではじめて開発した御木本幸吉さんにちなんでのイベント。

幸吉さんのエピソードの1つとして、横浜港から船で渡米する時に、ステッキの先に赤いハンカチを巻き付けて、ステッキもろとも高く掲げ、見送りの人に応えたことにちなみ、鳥羽ならではのおもてなしとして、
大型客船が鳥羽港に入港した際、
出航時に、遊覧船で見送りをしている市民らと、客船の乗客との双方で、
赤いハンカチを振り合うというものです。



この日は午後5時の出航に合わせ、午後4時30分にマリンターミナルに集合。

赤いハンカチを持った市民らが、お見送りをしました!


ぱしふぃっくびーなすの乗客も、赤いハンカチを振って答えてくれました。



実はですねぇ、このお見送りイベント、
市民以外の方や、観光客でも参加できるのですよ!

観光客にとっては、鳥羽観光に来て、更に大型客船を間近で見るチャンスでもあります。
(遊覧船の乗船は無料。記念に、赤いハンカチがもらえます!)


それぞれがハンカチを振り合う光景も、なかなか感動的なもの!

大型客船としばし併走し、お互いの汽笛で応えながら、
夕暮れの中、去ってゆく客船を眺めていると胸が熱くなります。



遊覧船には、車いすの方も乗船可能。

デッ1階の船室にて、観覧することができます。
キへは階段しかありませんので、足の不自由な方は行けませんが、
1階の船室にて、観覧することができます。


この日も車いすのおばあさまといっしょに、県内からいらしたご家族が乗船されていました。


このお客様、2週間のど前に、センターへのメールで
「祖母に大型客船を見せたいのですが、チャーター船に、車いすで乗船できますか?」とのご質問を頂きました。

チャーター船で、大型客船を見に行く!というのは、とっても良いアイデアなのですが、
残念ながら、チャーター船は車いすでの乗船はできません。


そこで、この「リメンバー赤いハンカチ」イベントのことをご紹介したところ、
泊りがけで、鳥羽へ遊びに来てくださいました。

鳥羽市内の旅館に1泊し、
チーズケーキで有名な某ホテルで、ティータイムも楽しまれたそうです!

乗船の際、ご挨拶させていただきましたところ、
ご家族みなさんが大変お喜びのご様子でした!


鳥羽マリンレジャーの遊覧船は、乗船の際、20センチほどの段差がありますが、

船員さんが介助してくださるので、車いすの方でも安心して乗船できます!


フラワーマーメードのトイレ。


入口に段差がありますが、壁に手すりが付いた洋式でした。


2階~デッキへは階段で。



デッキでは、鳥羽市内の某有名ホテルにお勤めのYさんが、
自慢のトランペットの演奏を聞かせてくださいます!

おっと、写真を間違えた!!

これが、またまた旅情をかきたて、ロマンチックなんですねぇ。

「オーバーザレインボー」を演奏していたら、
ナント、空には本物の虹が!!!



おまけの写真は、船から眺めた鳥羽マリンターミナル。


ご存知ですか?
マリンターミナルの形や、丸く連なった装飾は、
真珠の首飾りをイメージして造られたんですよ

先ほどのお客様にその事を話したら、
「あん巻じゃないんですねぇ」ですって(笑)

はい。あん巻ではありません。
でも、鳥羽港に戻ってきたのは時間は午後5時30分。
きっとお腹が空いていたんでしょう。わかります。その気持ち!