伊勢志摩へおいないさぁ~
総アクセス数:966376
今日のアクセス数:55
昨日のアクセス数:583

伊勢志摩へ行きたくなるような観光のバリアフリー情報や、地元の人だからこそお伝え出来る情報を、リアルタイムに発信していきます。

第2回 三重県バリアフリー観光コンシェルジュ研修を開催しました! 

こんにちは
伊勢志摩バリアフリーツアーセンターです。

寒い日が続いていますが、いかがお過ごしですか?
風邪が流行っているようで、センターの事務所でも、約1名、マスクをかけて、ゴホッゴホッやっています(笑)


さて、先週の火曜日(2/2)、13時30分~15時30分
第2回 三重県バリアフリー観光コンシェルジュ研修
が、開催されました。
【主 催】 三重県観光局観光政策課 、(公社)三重県観光連盟



三重県の観光事業者らを対象にした、バリアフリー観光の研修会です。

場所は三重県総合文化センター
男女共同参画センター「フレンテみえ」3階セミナー室C

定員50名のところ、54名もの参加がありました。

内容は・・・

前半 障がい者、高齢者に対する接客対応のレクチャー

「パーソナルバリアフリー基準」での接客の心得や、
障がい別の対応・サービスの仕方などを詳しく説明


後半 「障害者差別解消法」についての解説及び経験に基づいた事例集


4月1日から施行される障害者差別解消法について、
それぞれの施設で起こりうる問題・課題を具体的に説明。
対処法のヒントとなる事例を紹介し、理解を深めていただきました。

今までバリアフリー観光に関する研修会を伊勢志摩エリア内では何度か開催したことがありましたが、
今回は、三重県全域を対象として行い、
鈴鹿や四日市、遠くは紀北町からも参加者があり、
三重県でのバリアフリー観光に対する広がりを感じています!

熱心に受講する参加者のみなさん!

研修後も、個別に色々と質問を受けるなどし、
手ごたえを感じた研修会でした。

年度末までにも、近隣市町村から「障害者差別解消法」についてのレクチャーを頼まれたり、
視察や中村元理事長や野口あゆみ事務局長の講演が相次ぎ行われるなど、
色々と忙しくしています。

そして5月には伊勢志摩サミット開催!
サミットは直接関係無いと思っていましたが、
2/23には、韓国のメディアご一行様がご視察いただけるなど、
そちらも方面でも色々と舞い込む今日この頃でございます。

がんばろーー。



2月12日(金)、NHK「金とく」で、伊勢志摩バリアフリーツアーセンターが紹介されます!

NHK名古屋放送局で放映されている人気バラエティ番組「金とく」で、伊勢志摩バリアフリーツアーセンターを取材していただきました!


「シリーズ・サミットがやってくる ブレイクを目指す!伊勢志摩のアレコレ大紹介」と題し、これからブレイクするかもしれない伊勢志摩の特産品や食、スポットを伝える、というコンセプトの中、なぜか?バリアフリー観光についても取り上げていただくことに。


取材には、三重テレビ「ええじゃないか」弥次さん役でおなじみの、堀口文宏さんが来てくださいました。どんな内容になっているのでしょう。私たちも楽しみです。


残念ながら、中部7県での放送のため、中部以外の地域の方にはご覧いただくことができないのですが、もしかしたら、数週間後に再放送で全国放送されるかも?とのこと。まだ確定ではないのですが、しばし番組欄のチェックをお願いします!


放送日:2016年2月12日(金)


番組名:NHK名古屋放送局「金とく」


時間:20時00分~20時43分


番組ホームページ:http://www.nhk.or.jp/nagoya/kintoku/



再デビュー 演歌の歌姫 茉那美(まなみ)とは?

こんにちは
伊勢志摩バリアフリーツアーセンターです。

今日(2015.12.22)の朝日新聞朝刊 三重版に掲載された記事、
「とばぁば」、お台場ライブの記事の右横に、
「とばぁば」記事に負けないくらい大きく取り上げられたのが、
松阪在住、車いすの歌姫、茉那美(まなみ)さん

記事のタイトルは、
「車いすでも、歌える幸せ 
松阪の茉那美さん、交通事故→再デビュー」



記事の冒頭・・・
「交通事故で車いす生活になり、歌をあきらめかけた女性歌手が、
新曲を出してこの秋、再デビューした。
今でも痛みは体に残るが、
客の温かい拍手を励みに、歌うことの喜びをかみしめている。」


茉那美プロフィール
・出身地 :三重県
・趣 味 :カラオケ・メイク研究・人間観察

●歌手になったきっかけ
・三重テレビカラオケ大会 150回記念大会 優勝
・ビクターオリジナルソング全国大会 入賞
・1988年 NOK 日本オリジナルクラブ所属。
・日本の音楽ディレクターである、五木寛之の小説の主人公「艶歌の竜」こと「高円寺竜三」のモデルとして知られる、故、馬淵玄三(まぶちげんぞう)先生の元で指導を受け、デビューに至る。

●歌手活動
・デビューの年:1990年(平成2年)3月21日 
・レコード会社:テイチクエンタテイメントよりデビュー
・デビュー曲 :「椿宿」作詞:石本美由紀 作曲:岡千秋
・芸 名   :春乃あかり(名づけ親:馬淵玄三)

●その後の活動、仕事
・キャンペーン・ディナーショー・イベントゲスト
・1992年(平成4年)大阪サンテレビ・KBS京都(歌謡番組レギュラー出演)
・2006年(平成18年)五感の宿慶泉専属歌手として活動
・2008年(平成20年)土曜ワイド劇場  第6作「温泉㊙大作戦」ルーム役にて出演

●車いす生活にあたって
①2009年(平成21年)交通事故により、車いす生活になる。

●障害の状態
・脊髄損傷(右上下肢全廃麻痺)1級1種
・(CRPS)複合性局所疼痛症候群


12/9に行われた、当センターが所属する、「鳥羽一番街」の忘年会にて、
ゲスト出演。


約40分間、艶やかな歌声を聞かせてくれました!






茉那美さん、伊勢志摩バリアフリーツアーセンターとは深いご縁がありまして・・・というか、
実は、2年前から当センターのスタッフとして働いているスタッフでもある訳です。

今日は、茉那美さんとしてご紹介しているので、
まぁ、本名は伏せておきますが・・(笑)

彼女、2009年の交通事故で、右半身の麻痺という後遺症が残り、
現在は簡易電動車いすでの生活。

その後、縁あって当センターのスタッフになりましたが、
利き手の右手が使えない・・という以前に、事務経験が全くなかったので、
パソコン操作のいろはから勉強。。

↑仕事姿を隠し撮り

障がい云々というより、我々の(私の?)スパルタ教育で、苦労したと思いますよ、相当...(笑)

今でも「電話の応対は苦手なんですぅ~」と言いながらではありますが、
積極的に電話に出てもらい、
最近はお客様の対応の多くを行っています。

演歌歌手、
そして、
伊勢志摩バリアフリーツアーセンターのスタッフ、
そして、・・・
実は「エステティシャン・メイクアップアーチスト」の資格も持っているという、
2足、3足のわらじを履く彼女です。

彼女がセンターのスタッフになったお陰で、
センタースタッフでの女子会(一部男子含む)を開催するようになりました!

カラオケスナックを貸切っての、女子会!
これが、また、盛り上がるんだなぁ。


伊勢志摩バリアフリーツアーセンターのスタッフになってから、
様々な人と出会いましたが、
茉那美さんとの出会いも、大きなものとなっています!

CD、発売されています。
「大漁男船」
そして、カップリングは
「運命(さだめ)...」
迫力の ど、演歌 ですっ!

みなさん、応援してね~!



進行中!「鳥羽市宿泊施設バリアフリー改修工事補助」

こんにちは
伊勢志摩バリアフリーツアーセンターです。

今年度より、
鳥羽市バリアフリー観光促進事業
ユニバーサル観光意識向上事業

として、鳥羽市内の宿泊施設を対象に、バリアフリー改修費用を補助しています。

身体の不自由な方が快適に過ごすことのできるバリアフリー化を目指した改修工事を行う鳥羽市内の宿泊事業者を対象に、バリアフリー改修工事に係る費用の2分の1(補助金交付上限20万円、
交付回数は1宿泊施設につき単年度1回)を補助するというもの。

改修工事は、その宿泊施設のターゲットを設定し、
車いす使用者だけではなく、
例えば、足の不自由な高齢者や視覚障害者などへ配慮した改修でもOK!

・段差解消のスロープを付ける
・階段や洋式トイレに手すりを付ける
など、簡単な工事でも補助の対象になります。

11月24日(火)には、相差(おおさつ)地区の女将の会の集いにお伺いして、
事業について説明会を開催!


説明会では、バリアフリー改修を行いたいという相談が相次ぎ、
早速3件の旅館にお伺いしました!

入りぐちの上がり框。。
足の不自由な方のためにイスが置いてあるけど、
あまり活用されていないみたい・・・



スの近くに手すりを付けたらいかがですか?
そうすれば、自然と手すりに手を掛け、このイスに座ってくれるのではないかしら?



客室のトイレ。。
手すり代わりに手を掛けてしまうのか、
トイレットペーパーホルダーやタオル掛けがすぐ破損してしまうのだけど・・・



トイレの壁に手すりを付けましょう!
そうすれば、壁の汚れも減りますよ!


ウチの旅館は2階建てで、客室はすべて2階にあるのだけど、エレベーターが無いの。。
今までは2階建てならいいかな?と思っていたのだけど、
最近知り合いの紹介で、車いすのお客様がいらして、
従業員が介助して上り下りしてもらったのだけど、
お客様が遠慮して、楽しみにしていた1階にある大浴場での入浴を諦めたと後から聞いて、申し訳なくて・・
階段昇降機が付けれるかしら?



そうですねぇ。
付けれると思いますので、見積りをしてくれる業者をご紹介しますね!



この屋上からの景色、海が見えて素晴らしいでしょ!
これを旅館のウリにできるよう、
いっそのこと、階段昇降機ではなく、
屋上まで上がれるようにするエレベーターを付けようかな?とも考えているんだけど。。



予算はかなりかかりますが、
ご検討されるなら、相談に乗りますよ!



バリアフリー対応の客室として販売している客室。
より宿泊しやすくするためにはどうしたらいいかしら?。。



トイレの壁側に手すりがあるのだけど、
反対側にも、可動式のU字手すりがあれば、尚良いですね!


バリアフリー対応の特別室。
要望によっては、レストランではなく、客室でも食事の提供をしています。
ただ、足の不自由な方でも食事がしやすいように!と作った掘りごたつ。。
でもやっぱりテーブルにした方がいいかしら?



特に障がいがない人でも、最近はテーブルの方がいいかもしれません。
その改修費用も、補助の対象になりますよ!


などなど。

これらの工事を行うためには、
当センターからの意見書を付け、1/29までに事業計画書や収支予算書を鳥羽市に提出し
3/18までに事業報告書を提出する必要があります。

しかし、来年度以降もこの事業を継続していくためには、
この予算を使っての改修実績を多くつくることも大切。

また、改修を伴わなくても、当センターが無料でアドバイスに伺います!
これは、宿泊施設にどとまらず、鳥羽市内の観光に携わっている事業所さんなら、
どちらへでも出向きます!

事業の内容について
詳しくは
伊勢志摩バリアフリーツアーセンター

TEL:0599-21-0550  FAX:0599-21-0585
URL http://www.barifuri.comE-MAIL iseshima@barifuri.com
までお問い合わせください!



三重ジョブ キッズキャラバンin鳥羽

こんにちは
伊勢志摩バリアフリーツアーセンターです。

今日は
三重ジョブ キッズキャラバンの日。
https://www.mie-caravan.com/


今日は鳥羽市内の各所で、お仕事体験です!

参加者は、
午前5名
午後10名。

年齢は6歳~12歳までのキッズが参加してくれました!

伊勢志摩バリアフリーツアーセンターでは、『バリアフリー観光ガイドの仕事』として、
周辺のバリアフリー調査や駅ボラ体験もしてもらいました!

伊勢志摩バリアフリーツアーセンターで受付を済ませたキッズたち!


オレンジの駅ボラベストを着ると、もう、我々の仲間です!


まずは、カモメの散歩道で車いすの操作についてレクチャー


そして次にバリアフリー調査
点字ブロックはあるかな?


跳ね上げ式のバリアフリーベンチで、車いすの人と目線を合わせて会話ができるね!


鳥羽マルシェのバリアフリー調査も


店内では、鳥羽マルシェのいい所を見つけてね。

それを生かして、観光客に案内するからね!

車いす対応トイレの調査では、ドア幅の計測も!


そして、エレベーターには、
鏡や手すり、点字や浮き出し文字、音声案内はあるかな?


最期に近鉄鳥羽駅前で駅ボラ体験!

鳥羽のシールを配りながら、観光客へ、おもてなしのご挨拶!

皆さん、大変良く出来ました!

私達スタッフも楽しい1日でしたよ~。

お疲れ様でした。

この体験を生かして、今後もバリアフリー観光の普及に尽くしてくれたまえ!