松江/山陰バリアフリーツアーセンター
総アクセス数:2075727
今日のアクセス数:1076
昨日のアクセス数:3870

松江/山陰バリアフリーツアーセンター の活動状況や、各種お知らせを掲載します。

島根・隠岐松葉ガニの種類と食べ方です!

2018年01月16日 15:06   松江/山陰バリアフリーツアーセンター
コメント(0)


ハウル@矢野です。先日は日本列島は今冬一番の寒波に見舞われました。被害を被られた方には心よりお見舞い申し上げます。
さて、今回は島根・隠岐松葉ガニの紹介です。
隠岐諸島周辺の海はプランクトンが豊富で様々な魚介類を育む全国でも指おりの好漁場です。また、島根では「かに籠漁」と呼ばれる漁法で捕獲するため傷が少なく、鮮度や姿形も抜群です。こうして隠岐諸島近海で獲られた松葉ガニの中から、さらに厳しく選別された最高品質のものが「隠岐松葉ガニ」となります。青いタグがその証で島根が誇る高級ブランドガニです。
○若松葉ガニ
若松葉ガニとは「水ガニ」とも呼ばれる松葉ガニが脱皮したばかりのカニで、殻が柔らかくて軽く、ハサミは細いのが特徴です。松葉ガニに比べると身入りやカニみそは十分ではないですが、身離れが良く食べやすく、お手軽な価格で地元でも人気です。資源保護のため漁期は短く1月下旬~2月末までです。
○親ガニ
親ガニとは「セコガニ」とも呼ばれる雌の松葉ガニ(ズワイガニ)のことで、雄に比べサイズは小さいですが、身は甘くカニ味噌は濃厚です。また、親ガニの卵(うちこ・そとこ)は珍味として人気があり、中には松葉ガニより美味しいと言う人もいるほどです。資源保護のため漁期は短く11月上旬~12月末までです。
○おいしいカニの見分け方
甲羅が固く、ハサミは太く、ずっしりと重いものが身入りがよい証です。脚が脱落したカニは見た目は悪くても、味に影響はありません!中には、甲羅に丸い茶褐色のもの(カニビルの卵)が付着しているカニもあります。これはカニに全く影響はなく、むしろ脱皮してからの期間が長いことを表しているので、身の詰まったカニが多いのです。
■カニの美味しい食べ方&おすすめ料理
・茹でガニ
カニ本来の味を楽しめるカニ料理の定番です。お好みでカニ酢でさっぱりと食べるのもオススメです。
・カニすき鍋
旬の野菜と共にカニの旨味たっぷりの出汁を楽しめるカニすき鍋です。〆の雑炊はもちろん絶品です。
・カニ刺し
新鮮な活ガニだからこそ味わえるお刺身です。カニ本来の甘味とプリプリとした食感は格別です。
・カニしゃぶ
新鮮なカニの風味や食感を堪能できます。火の通し具合によって変化する美味しさを楽しむのも絶品!
・甲羅みそ
濃厚で旨味たっぷりのカニ味噌を甲羅で焼いたクセになる一品です。お酒を加えると風味も抜群です。
・焼きガニ
香ばしい薫りと濃縮された旨味が魅力の焼きガニです。焼きすぎずに半生ぐらいが食べ頃です。
※美味しい「親ガニ」の 食べ方
・みそ汁
親ガニの水揚げ量はズワイガニ全体の6割を占め、値段も手頃で地元では欠かせない冬の食材です。この親ガニを使って作るみそ汁はまさに絶品。「そとこ(成熟した卵巣)」の歯ごたえと、「うちこ(未成熟な卵巣)」「カニ味噌」が混ざった独特のコクは、松葉ガニにはない濃厚な味わいが楽しめます。
カニの食べ方について紹介しましたが、皆様はご存じですよね。私は甲羅に熱燗の酒が中でも一番ですね。カニを食べながら日本酒を飲むとついつい飲み過ぎてしまいます。
松江市内の松江しんじ湖温泉・玉造温泉では温泉とセットでのコース料理も大人気です。セット料金などは直接各旅館・ホテルにお問い合わせ下さい。



松江の蕎麦店で今春から割子そばの器が 四角に!

2018年01月09日 13:51   松江/山陰バリアフリーツアーセンター
コメント(1)

ハウル@矢野です。新年おめでとうございます。本年も宜しくお願いします。
こちら松江市では今秋は、雪マークが続いています。寒中ともなればそれ相応の天候です。今日は強風の為に、堀川遊覧船も運休のようです。
さて、今年、松江市では、没後200年を迎えた松江藩7代藩主・松平治郷(はるさと)(号・不昧(という事で様々なイベントが計画されています。
大名茶人として、あまりにも有名ですが、無類のそば好きだったとも言われています。
松江で割子そばを食された方であればおわかりの程は、早いですね。ざるそばを思い浮かべた方はちょっと、かな?
現在、割子そばは丸い器の3段重ねで食べられていますが、江戸時代から明治の末期までは角型の器が一般的だったそうです。それが、何故、丸い器になったかと言うと、丸いと器の角がぶつからず、拭き取りやすく衛生的な事からそうなったらしいのです。
昔は、角型容器をぶつけ、残った麺を一方に寄せて一気にすすり込む「拍子木食い」と呼ばれる粋な食べ方もあったそうですよ。
松江市の松本蕎麦店が復活するらしいのです。そこの新メニューは割子そば2枚と、割子に入ったあごの焼きや津田カブ漬けの盛り合わせ、抹茶をセットにする。週末限定にする予定で、価格や提供開始時期は今後詰める。
このほど、店に残る物と同じ幅15センチ、奥行き8.5センチの長方形の容器を再現しました。鮮やかな朱色の輪島塗で、常連客から「ミニお重みたいで、みやびな雰囲気だ」などと好評を得たそうです。
不昧は茶事にそば湯、そば皮まんじゅうを出した記録があります。そば打ちにこり始めた殿様から毎日まずいそばを食べさせられ、家来が苦々しく思う古典落語「そばの殿様」のモデルともされています。それにしても、古典落語には、他に、「目黒のさんま」、「火炎太鼓」などにも語られています。きっと、一風変わったお殿様だったには違いなさそうですね。

○おそばの問い合わせ先
松本蕎麦店
松江七代藩士不昧公のお抱えそば屋。正統派出雲そばの伝統を今も受け継いでいる。
所在地 松江市白潟本町43 スティックビル1F
営業時間 11時~16時
定休日 火曜(祝日の場合は営業)、第2水曜、年末年始
 0852-28-7131



松江の冬の風物詩はこたつ船でしょうか?!

2017年12月28日 13:32   松江/山陰バリアフリーツアーセンター
コメント(0)

ハウル@矢野です。今年もあと3日となりました。日本海側に位置する山陰の松江市は昨日などは風説注意報が出てはいたものの積雪はありませんが、北西風が強く吹きつけていますので、体感温度はかなり寒く感じます。
寒い中でも松江城の堀川を巡る「堀川遊覧船」は一番人気です。なぜなら、なんと船には豆炭こたつがあり、外は寒くても足はすぐにポッカポカになります。それに、船頭さんの流暢な喉を聞いたり、松江城築城の話やヘルンさんの逸話などお楽しみも満載だからです。今はまだ積雪がありませんが、船から見る堀川沿いの風景は私には何ともノスタルチックな風情のがあります。また、予約すればお弁当を食べながら遊覧出来ます。
是非出雲大社参拝とセットで体験して下さい。☆☆
【施設名】松江堀川遊覧船
【ご料金】大人1,230円/小人610円身体障害者手帳などの提示で620円になります。
【営業時間】9:00~16:00 20分間隔
【連絡先】0852-27-0417
【こたつ船期間】についてもお問い合わせ下さい。



島根県・石見にレストランバスが運行を開始します!!

2017年12月19日 15:37   松江/山陰バリアフリーツアーセンター
コメント(1)


ハウル@矢野です。今回は「石見にレストランバスが運行を開始します!!」という話題です。
皆さんは、「レストランバス」ッて聞いた事がありますか?
私は、列車、飛行機、船では食事経験はありますが、バスでディナーを食した事はありません。バスだと急カーブや急ブレーキなどにある程度は対応しなければなりませんね。きっと、幾つかの特別な配慮がなされているのでしょうね。
12日に広島市中区、旧広島市民球場跡地でこのレストランバスでの食事メニューが発表されて来年1月末からの運行を始めるとのイベントがありました。
新聞記事によりますと、島根県西部の観光関連事業者などでつくる「石見レストランバス実行委員会」は12日、来年1月下旬から3月中旬まで県西部3市で運行するバス車両と車内で提供する料理を広島市内で公開した。料理には、浜田市弥栄町産の米や浜田漁港で水揚げされた水産物など地元食材をふんだんに使った。
 運行に使用する車両は、2階建てで定員25人。客室として使う2階は対面式の座席配置にして、会話や車窓の景色を楽しみながら食事ができるようにした。
 料理は、日本料理店「僖成(きなり)」(東京都港区)の料理人が担当し、1階の厨房(ちゅうぼう)で調理する。メニューは、弥栄米を使ったうずめ飯、浜田漁港で水揚げされたタイを用いた若狭焼きなどで、アルコール飲料も提供する。
 実行委員会の委員長を務める浅利観光(江津市浅利町)の植田智之常務(50)は「冬の石見地方には、おいしい食材がたくさんある。女性グループや親子連れなどの利用を想定している」と話した。
 レストランバスは、浜田、益田、江津各市ごとにコースを設定し、料金は昼便1万800円(税込み)、夜便1万3500円(同)など。期間中に計107回の運行を予定している。
以上です。
ご興味が湧きましたでしょうか?

詳しくは、下記URLまで検索下さい。
石見レストランバス
https://iwami-restaurantbus.com/



豪華寝台「瑞風」、山陰コースが一番人気らしいのです?!

2017年12月19日 13:32   松江/山陰バリアフリーツアーセンター
コメント(0)

ハウル@矢野です。「寒いですねー」が挨拶になってきましたね。今回は、「豪華寝台「瑞風」、山陰コースが一番人気らしいのです?!」という話題です。
確か「瑞風」ッて中国地方の日本海側と瀬戸内側をぐるっと回るんでしたっけ?山陰に住んでいると山陽の方が温かいし、瀬戸内は波もおだやかッてイメージなんですが、どうも都会人はそうでもないらしいのです。
豪華寝台「瑞風」、山陰コースが一番人気の理由は何でしょうか?
「トワイライトエクスプレス瑞風(みずかぜ)」の運行を始めて17日で半年になります。定員を大幅に超える申し込み状況が続いていますが、中でも一番人気なのが山陰コースだそうです。支持される理由はどこにあるのでしょうか。
瑞風は山陰(下り・上り)、山陽(下り・上り)を巡る1泊2日の4コースと山陽・山陰を周遊する2泊3日のコースの計5コースもあるそうです。山陰コースの下りは城崎温泉駅(兵庫県豊岡市)、東萩駅(山口県萩市)、萩駅(同)に、上りは出雲市駅(島根県出雲市)と鳥取駅(鳥取市)に立ち寄ります。6月17日に運行を開始しました。
JR西日本は今月4日、2018年3~6月に出発する第4期の申し込み状況を発表しました。それによると、山陰コースが18倍と最も倍率が高く、山陽・山陰コース(10倍)と山陽コース(8倍)に大きく差をつけたそうです。応募総数は2882件で、平均倍率は12倍。利用客に申し込む際の参考にしてもらおうと、今回初めてコース別の申し込み状況を公表したという事です。
 JR西日本米子支社は、山陰コースの人気の要因として、旅行好きの人たちの中でもまだ山陰を訪れたことがない人が多いことや地元の温かい歓迎ぶりが好評であることなどを挙げています。全国的に見ればまだ山陰ッてマイナーな存在だったのがプラスに働いたんですね。そういえば停車駅では、小旗を振ってお迎えや送迎をしたり、駅のリフォームをしたりと歓迎ムードが盛り上がっていますね。
地元民としては、これが一時の流行に終わらないようにしていただきたいものです。