松江/山陰バリアフリーツアーセンター
総アクセス数:1720355
今日のアクセス数:2947
昨日のアクセス数:3255

松江/山陰バリアフリーツアーセンター の活動状況や、各種お知らせを掲載します。

「まごわやさしい」の食生活で盛夏を乗り切りましょう!(カラダにやさしい食事の考え)

2017年07月21日 15:26   松江/山陰バリアフリーツアーセンター
コメント(0)


ハウル@矢野です。
全国的にほぼ梅雨明けとなりましたね。梅雨明け10日とはよくいったもので、猛暑美が続き、熱中症で病院行きになってもいけませんね。やっぱり健康は毎日の食生活からだと思います。
「まごはやさしい)」という言葉をご存じですか?
皆さんは、勿論ご存じですよね。食事バランスの考え方の事です。
食育に興味はあるけれど、バランスと言われても詳しくは分からないという方も多いのではないでしょうか? 
栄養バランスの良い食事って?
5大栄養素とか7大栄養素だとか内、炭水化物が3分の1とかいちいち考えると献立を考えるのは大変ですよね。それが毎日になると益々困ります。
そこで、「まごは(わ)やさしい」はいつもの食事に少しプラスするというやり方で大丈夫ですので、実生活に取り入れやすい考え方といってもいいですね。
「まごわやさしい」の3つのポイントを上げて見ます。
1.ま=まめ(豆製品) ご=ごま(ごま類)というように1日の中でこの食品を1回は取り入れましょう。という考え方です。
2.毎日のお食事に足りていたいものを少しプラスするだけでOKです。
3.計算は不要なので誰でも簡単に続けることができます。
では、「まごわやさしい」についてもう少し詳しく説明しましょう。
・ま:まめ 豆製品…大豆・小豆・味噌・豆腐など
・ご:ごま ごまなどの種実類…ごま、ナッツなど
・わ:わかめ 海藻類…わかめ、ひじき、海苔など
・や:やさい 野菜類…葉野菜、根菜などできれば赤・緑・白の野菜
・さ:さかな 魚類…切り身の他、小魚や貝類など丸ごと食べられるものなど
・し:しいたけ きのこ類…しいたけ、えのきたけ、マッシュルームなど
・い:いも イモ類…ジャガイモ、サトイモ、かぼちゃなど
ご自身の小さい頃のお食事はどうでしたか? 「まごわやさしい」がだいたい揃っていた、という方もいらっしゃるかもしれませんね。
今までのお食事を大きく変える必要はありません。足りないものを少しプラスすると
いうように気軽に考えてみれば良いのです。
例えば、ごま類が足りなければご飯にごま塩、サラダにごまをトッピング。さかなの時はシラスを少しプラス。他の物が足りなければ味噌汁に全て入れる、というように本当に手を掛けずに出来るのです。
このくらい食べましょうという「量」の目安が示されているものもありますが、育児をしながらの毎日の料理を、毎回計算していては続かない可能性もありますので、ちょっとプラスする位の軽い気持ちで実践していただきたいなと思います。
まずはごはんと味噌汁で「まごわやさしい」を取り入れてみてはどうでしょうか。
ごはんと味噌汁のセットがあれば「まごわやさしい」も取り入れやすくなりますし、ご飯と味噌汁だけでは足りない栄養素もしっかりと補えます。無理におかずを作らなくてもちゃんと栄養バランスは整いますので今日から早速「まごわやさしい」を取り入れてみてくださいね。
様々な食材の中で今年は2回、土用の丑の日がありますので「う」のつく食物でこれからの盛夏を乗り切りたいものですね。




松江の「天神さんの名物たこ焼き」40年変わらぬ味で今でも人気です

2017年07月18日 14:43   松江/山陰バリアフリーツアーセンター
コメント(0)


ハウル@矢野です。ムシムシ暑い日が続いています。まだ梅雨だというのにもう夏バテ状態になっています。こう暑くてはうなぎでも食さなければ過ごせそうもありませんね。
松江市民の夏まつりの一つ「白型天満宮の夏祭り」が今年も7月24日(月)~25日(火)に松江市天神町のロータリー付近で開催されます。
学問の神様として有名な菅原道真公をまつった神社で、地元では「天神さん」と呼び親しまれています。御輿が繰り出されたり、多くの露店が立ち並ぶなどしてにぎわいます。お化け屋敷やろくろっくびの女やバイクでグルグル開店したりと見世物小屋もあったのは良き昭和の時代でした。
ご利益は、
●おかげ天神・・・ぼけ封じ、受験合格などのおかげがあるといわれています。 あなたもお参りされた方がいいかもしれませんよ。

その境内に、地元で知らない人はいないという、人気のたこ焼き屋さんがあります。トロトロ、フワフワの独特のたこ焼きは、一度食べたら忘れられない味です。
「天神さんのたこ焼き」として親しまれているこのお店。昔の駄菓子屋を思わせるレトロな佇まいが歴史を感じさせます。
おっちゃんとおばちゃんでたこやきと駄菓子屋を経営しています。 たこ焼きを焼いているのはおっちゃんです。おばちゃんの人気のたこ焼きを作り続けています。白潟天満宮の境内入って右手がお店です。
ここのたこ焼きの特徴は、フワフワ、トロトロの食感です。「外はカリカリ、中はトロトロ」というのが最近の主流ですが、この店では昔からの作り方で、懐かしの味を守っています。
たこ焼きを焼く見事な手さばきも見もの、昭和にタイムスリップしたような外観(中)昔懐かしい駄菓子やおもちゃも販売しています。
昔のたこ焼きは、今より堅く、1個や2個を爪楊枝に刺して販売していたそうです。もっぱら駄菓子と同じ扱いで、子どものおやつという感じだったそうです。

その後時代とともに、鉄板や食材も材質が良くなったことから、柔らかいたこ焼きが作られるようになり、フワフワの食感のたこ焼きが評判を呼ぶようになり、現在も、先代から受け継いだレシピでたこ焼きを焼いているそうです。使うのは、 鰹ダシと小麦粉を合わせた生地に、タコ、天かす、キャベツ、紅生姜。とりわけて個性的な材料は一切使わず、具材のバランスと焼き加減で勝負しています。
味の決め手は、数種類をプレンドしたオリジナルソース。酸味と甘みが強いのが特徴です。 食べ方にもコツがあります。柔らかいので 爪楊枝で突き刺すのは無理なため、2本の爪楊枝を箸のように使って食べるのが"通"な食べ方です。8個入り250円という、昔ながらの価格も嬉しい限りです。
今は子供より大人のお客さんのほうが多いそうです。特に年末年始やお盆には帰省した方がわざわざ買いに行きます。多い日は200箱も売れるという人気の味です。
天神さん参詣の帰りに、ぜひ味わってみてください。

天神さんのたこ焼き屋さん
島根県松江市天神町58
tel.0852-25-0328
[営]9:30~18:00
[休]月・ 金 (祝日、イベント時は振替)



出雲日御碕夕日鑑賞バスが運行を開始します!

2017年07月18日 11:14   松江/山陰バリアフリーツアーセンター
コメント(0)


ハウル@矢野です。梅雨明け間近かという雰囲気ではありますが、じれったい松江市です。
4月28日に日本遺産に登録された「稲佐の浜や日御碕の海岸線を中心とするエリアの夕日のストーリー「日が沈む聖地出雲~神の創り出した地の夕日を巡る~」。出雲大社近くの稲佐の浜から日御碕灯台の間を専門のガイド付きでバス観光を出雲市が企画した話題です。
その夕日の素晴らしさを鑑賞する「出雲日御碕夕日鑑賞バス」が平成29年7月16日から運行されます。
16日のテレビのニュースでは稲佐の浜で夕陽を背にして出雲神楽で観賞バスを歓迎していました。夕闇迫る時刻に篝火の照明で舞いを見るとなぜか厳かな心持になりますね。さすがは、神話の舞台の本家本元の地の利も相乗効果満点です。

内容は、「日本遺産ストーリーの中心である「日御碕」の夕日鑑賞バス」少し長いです。
運行日 :平成29年7月16日(日)~11月25日(土)の金・土・祝日の前日及び11月27日(月)~30日(木)
乗車場所:JR出雲市駅北口、神門通り広場、みせん広場
参加費 :1人1,000円
販売方法:ホームページでの予約(当日13時まで)
電話による予約(当日13時まで)
最小催行:1名
その他 :観光ガイドによる案内付(みせん広場から乗車)
【出雲日御碕夕日鑑賞バス】詳細
http://www.ichibata.co.jp/travel/index.php/page/detailed/id/1081
お問合せ
ナイスデーツアーセンター(TEL:0852-21-0277)



花火の掛け声、なぜ「鍵屋」より「玉屋」が多いのでしょうか?

2017年07月10日 13:24   松江/山陰バリアフリーツアーセンター
コメント(0)

ハウル@矢野です。
梅雨もあと10日以内には明けるのではないかと期待しています。
皆さんは、花火大会で素朴な疑問を持たれた事はないですか?
会場のあちこちで「たまや~」の声が響きますがそれって何?
「たまやって何?」「それって花火屋さんの名前でしょ。」くらいは皆さんはご存じだと思います。
会話の相手がカップルであれ、親子であれ、それ以上は盛り上がりませんね。ここで少し掘り下げてみますので、得意になって話をしてみましょう!あなたのイメージがアップして尊敬?されるかもしれませんよ。
それでは、花火のルーツを織り混ぜて「たまや~」「かぎや~」の豆知識をご紹介します。
そもそも花火は、紀元前3世紀、中国の火薬の発明が戦の武器となり、やがて通信手段のノロシが夜にも用いられるようになって火薬を煌かせる技術が花火へと発展します。
あの蒙古襲来では既に火薬を使った武器を持っていたのを歴史の教科書の絵で見た事はないですか?
慶長18年(1613年)8月6日に徳川家康が日本で初めて花火を観賞しました。日本では種子島の鉄砲に使われた火薬が花火へと発展しました。家康が見たのは竹筒に火薬を詰めて火を噴くだけのものでしたが、三河地方に残る「手筒花火」はこの名残だといわれています。その後花火は急速に発展し、江戸で開花しました。
享保18年(1733年)5月28日に両国の大川(現在の隅田川)にて川開き花火大会(隅田川花火大会の原型)開催。そこで活躍したのが日本橋横山町の花火師、鍵屋六代目弥兵衛です。ここで初めて花火屋さんの登場です。
もともと「鍵屋」は葦(アシ)の管に火薬を詰めて星が飛び出す花火を開発し、商才もあって花火市場をほぼ独占していました。しかし、花火が火事の原因になるため町中では花火禁止令が出され、隅田川の花火だけが許されます。当時は納涼船を出して
「鍵屋」に花火を上げさせるのが、豪商たちの贅沢の象徴だったのです。
文化5年(1808年)「鍵屋」番頭の静七が暖簾分けをし、両国吉川町で玉屋市兵衛を名乗る。やがて川の上流を「玉屋」、下流を「鍵屋」が担当し、二大花火師の競演となる。これを応援するための掛け声が「たまや~」「かぎや~」だったのです。「たまや」は「かぎや」から暖簾分けしたものだったのですね。
天保14年(1843年)「玉屋」の出火で大火事となり玉屋市兵衛を江戸から追放。廃業する。
つまり、「玉屋」が存在したのはたった35年間だったのです。しかし、昔も今も花火の掛け声といえば「玉屋」のほうが断然多いのはなぜでしょう。
さまざまな種類の花火が夜空を彩ります。
「鍵屋」の弟子で後発の「玉屋」。しかも火事を起こして追放されてしまった「玉屋」。
ひとつは花火の技術が勝っていたこと。もうひとつは、語呂が良いので掛け声を掛けやすかったこと。そして、江戸っ子気質がそうさせたこと。
こんな狂歌があります。
『橋の上 玉屋玉屋の声ばかり なぜに鍵屋と いわぬ情なし』
これは、実力があったのにたった一代で花火のように消えた「玉屋」への愛情を示したもの。「情」に「錠」をかけており、「鍵屋の声がねぇのもしかたあるめぇ。錠がねぇんで口が開かねぇ」という詠み手の洒落を含んでいます。
黒色火薬で作られる日本古来の「和火」は、朱に近いオレンジ色。情緒豊かで繊細な光りを放ちます。
「鍵屋」はその後も様々な花火を開発して日本の花火界をリードし、現在は女性当主が鍵屋15代目として活躍中です。
音にこだわり、日本古来の花火である“和火”復活に力を注ぐなど花火の魅力を高めていますので、ぜひ「かぎや~」と掛け声をかけてあげてくださいね。



出雲の涼を求めて~真名井の滝と熊井の滝流しそうめん~

2017年07月07日 10:50   松江/山陰バリアフリーツアーセンター
コメント(0)


ハウル@矢野です。
台風3号が過ぎて安心していたら梅雨前線が大暴れして大雨特別警報が発令されました。被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。
さて、各地に名水、霊水、神水などと呼ばれる水が湧き出しています。私の住んでいる松江近辺にも何箇所も存在しています。
その水を飲んでみると、さすがに名水だけあって、うまいのですね。特に夏には冷たくて余計に感じますね。皆さんのお住まい近くにもそんな所があるのではないでしょうか?
まずは、島根県松江市にある真名井の滝です。ここはかつて、出雲国の国庁がおかれていたところを上から見下ろす位置にあります。
出雲風土記にある神名樋野(かんなびやま)今で言う茶臼山の山麓から湧き出ています。全国的に「かんなび」は神名火と書きますが、この山は火ではなく水を通す「樋=とい」の字を当てています。神の樋の小山にある滝です。湧水が滝となっています。何か霊験がありそうですね。
古代には、ここの水が出雲国造の火継に使われたそうです。
今では夏季そうめん流しが地元の有志の手で行われています。
島根県松江市山代町84番地

次に熊井の滝です。ここは、弘法大師の杖の趾より噴出したと言い伝えられているようです。
これは、私の勝手な理解ですが、熊=くま=神を表しています。井=ゐ=水の出るところ。熊野大神の水が出でるところと解したほうが良いように思います。遥か古代より湧き出ていたのではないでしょうか。
ここでも夏季そうめん流しが楽しめますが、釣り堀も併設してあり、そこで釣り上げたマスを塩焼きにもしてくれます。釣りあげなくても予約しておけば食べられますよ。
島根県松江市下東川津町438 
【問併せ】
TEL:0852-26-4717 【期】6月末~9月初め