呉バリアフリーツアーセンター
総アクセス数:7976422
今日のアクセス数:10189
昨日のアクセス数:6762

呉バリアフリーツアーセンターの活動状況や、呉市内の観光バリアフリー情報を掲載してきます。

【おでかけ情報】国営備北丘陵公園その3-花の広場、きゅうの丘

2022年10月16日 12:09   呉バリアフリーツアーセンター
コメント(0)

備北丘陵公園の3回目、花の広場ときゅうの丘です。

お腹がいっぱいになったところで、季節の花が楽しめる
「花の広場」を目指します。
途中、ゆるい坂と地下道がありますが、電動カートで楽々。
車椅子の上には私よりも体重の軽い息子とあって、妻も楽だったようです。

地下道の長い上り坂を抜けると、一面のコスモス。高原の風にゆれる紫色の花が
秋の高い空によく映えています。 今が見頃のようです。
元々は9月に行く予定でしたが、台風で先延ばしにしてよかったかも
しれません。 花の広場の真ん中には展望台があります。
床下は日除け、風除けを兼ねた休憩スポットになっています。
展望台は車椅子やベビーカーでもアクセスができるよう、スロープが
ついています。なお、電動カートは展望台進入禁止です。
(写真のスロープが「花の広場」の展望台です) 

そして、メインイベント「きゅうの丘」の大型遊具です。すべり台をはじめ
様々な遊具が一緒になった複合遊具です。対象年齢は3歳〜12歳となっています。
遊具を見るなり息子は走り出し、あっという間に遊具の上へ。

ちなみに、備北丘陵公園のWebを見ると、きゅうの丘の遊具は
「身障者の方も遊べる」と記載があります。
実際、遊具の入口にある看板でも、バリアフリー対応遊具の名前の横には
車椅子のマークがついており、入口から遊具までつながる木製スロープが
ついていました。遊具ではたくさんの子ども達が遊んでいます。
車椅子の取り回しにはご注意ください。
 
今回利用したのは、広大な備北丘陵公園のほんの一部です。
一日では足りません。
ほかにも、スポーツやアスレチックが楽しめる「つどいの里」
湖畔でピクニックやドッグランが楽しめる「みのりの里」
豊かな里山の自然を体感できる「いこいの森」
キャンプ場「備北オートビレッジ」など
楽しみ方はいろいろです。

再訪して、ほかのエリアもご紹介できたらと思います。


写真をクリックすると別ウィンドウで拡大写真を表示します。
添付画像
添付画像


【おでかけ情報】国営備北丘陵公園その2-「ひばの里」(体験コーナー)

2022年10月14日 14:27   呉バリアフリーツアーセンター
コメント(0)

今回主に利用したのは、中入口からほど近い里山文化体験エリア「ひばの里」、
季節の花を楽しめる「花の広場」、 そして大型遊具のある「きゅうの丘」です。

「ひばの里」は古い里山集落を模したエリアで、農家や工房などが建ちならび
様々な体験教室が開かれています。
今回は「やきもの工房」で開催されていた「苔玉づくり教室」(有料)に
参加しました。電動カートは屋外に停めて車椅子に乗り換えます。
入口は少し段差があり、靴を脱いで入るようになっています。
季節の花や野草など、材料となる植物を選び、苔を巻いていきます。
時間にして30分。主に体験したのは妻ですが、私もやればよかったなぁ。
このほか、農家ではわら細工作りやきのこのおこわづくり体験なども
あったようで、家族連れなどで賑わっていました。
体験教室その他のイベント情報は備北丘陵公園のWeb上に
イベントカレンダーが掲載されています。

食事ができる場所としては、「中の茶屋」、「湖畔レストハウス」があります。
(湖畔レストハウスは土・日・祝・イベント時に営業)
今回は「中入口」や、「ひばの里」からも近く、Webでスロープを確認していた、
「中の茶屋」へ入ります。 ここでも電動カートは屋外に停めます。
カートの鍵を忘れず携帯しましょう。
「中の茶屋」は山小屋風なんでしょうかね。大きくて室内もゆったりしています。
うどん・そば・定食など、食券式のセルフサービスです。 椅子は動かせます。
多目的トイレはビジターセンター(中案内所)を利用するとよいでしょう。



【おでかけ情報】国営備北丘陵公園その1

2022年10月12日 13:10   呉バリアフリーツアーセンター
コメント(0)

おはようございます。いよいよ秋ですね、日差しの下でも風が冷たいこの頃です。
気温が落ち着き、秋晴れが心地よいこの季節はお出かけにピッタリです。
ということで、今回は広島県の北部、庄原市にある国営備北丘陵公園に
行ってきました。

呉市からは車で高速を使わず約2時間半、お昼少し前に到着しました。
「中入口」ゲートから入場。入場料は大人450円ですが、
ゲートで障害者手帳を提示すると、本人1名と介助者1名が
入場料・駐車料金免除になります。
車はゲートすぐの第1駐車場に入庫、多目的駐車枠はたくさんありました。

「中入口」の園内入口からビジターセンターまではタイル舗装、上り坂です。 
ビジターセンターでは、車椅子・ベビーカー、電動カート(シニアカー)の
貸出があり、今回私は電動カートを借りました。電動カートは4輪で
市販もされているものです。貸出は無料でしたが、1回2時間、
延長の際はビジターセンターに戻って書類にサインをします。
なお、電動カートを利用する際は介助者の随伴が必要です。 
自分の車椅子はお願いすれば預かっていただけるそうですが、
飲食店含めカートでは入れない建物が多くあることから、
車椅子には息子を乗せて移動しながら必要に応じて乗り換えました。

このほか、蒸気機関車を模したロードトレイン(有料)や、
長距離歩行が困難な方向けの「思いやり号」という乗り合いカートが
運行されています。

多目的トイレは園内各所にトイレ棟があり、どこにいても安心です。

「その2」に続きます。



HCR2022

2022年09月30日 14:48   呉バリアフリーツアーセンター
コメント(0)

こんにちは、瀬戸口です。台風14号が過ぎてからというもの、秋になりましたね。
季節の移り変わりは早いものです。今年も国際福祉機器展の季節がやってきました。
瀬戸口は今年もWeb参加です。

今年の会期は、Web展が9/5~11/7、東京ビッグサイト会場が10/5~10/7です。
340社超の企業から1000品目を超える出展がアナウンスされています。
今年も車椅子等移動機器から、住宅設備機器、福祉車両関連機器、衣類、
コミュニケーション支援機器、出版物など幅広く出るようです。

なお、この国際福祉機器展へ入場・Web展の閲覧には入場登録が必要です。

ご利用の方は下記からどうぞ
国際福祉機器展 (hcr.or.jp)

遠くに出かけなくても最新の情報が入るWeb展示のありがたみは感じつつも
生活に身近な福祉機器の実物を見て、触れられるのは大きいですね。
ぜひ一度お出かけ、ご覧ください。



西九州新幹線武雄温泉ー長崎間9/23開業。新バリアフリー基準のN700Sで運行

2022年09月14日 17:06   呉バリアフリーツアーセンター
コメント(0)

こんにちは、瀬戸口です。今日の話題は、9/23(祝)、
佐賀県の武雄温泉と長崎県の長崎駅間に西九州新幹線が開業します。
併せて博多駅ー武雄温泉駅間には特急「リレーかもめ」が運転され、
武雄温泉駅では、特急と新幹線が同じホームで乗り換え可能になるそうです。
新幹線開業後、博多ー長崎間の所要時間は1時間20分とこれまでより
30分の短縮です。

新規開業路線として、新バリアフリー基準のもとで営業が始まるというのも
注目ポイントです。
西九州新幹線での運行車両は東海道・山陽新幹線でも導入が始まっている
N700S系車両。2021年7月導入の新バリアフリー基準により、
これまでの多目的室に加え、座席に移ることなく
車椅子のまま乗車可能なスペースが設けられます。(6両編成3号車)
これまで列車内で取り回しに苦労されていた電動車椅子をご利用の
お客様などのご利用がより快適になることが期待されています。
また、新バリアフリー基準のもとでの営業運転によって、次に続く
車両へのフィードバックも得られるでしょう。

沿線に武雄、嬉野の温泉地や観光都市・長崎を擁し、観光に便利な路線に
なりそうです。このあたりは何度も訪れたことがありますが、
温泉気持ちいいですよ。お肌ツルツルになります。
当地では、佐賀嬉野バリアフリーツアーセンターさんが活動され
宿泊施設の皆さんもバリアフリーに大変力を入れておられます。
それから、この辺はご飯がおいしいです。嬉野の温泉水で作る湯豆腐や
佐賀牛、お米もおいしいです。

ぜひ、この機会にお出かけされてはいかがでしょうか?