松江/山陰バリアフリーツアーセンター
総アクセス数:13412934
今日のアクセス数:3949
昨日のアクセス数:11310

松江/山陰バリアフリーツアーセンター の活動状況や、各種お知らせを掲載します。

松江城の車いす用“階段昇降機”

2011年10月06日 14:34   松江/山陰バリアフリーツアーセンター
コメント(2)

松江/山陰バリアフリーツアーセンターの川瀬です。
10月に入り、涼しくなってきたのを通り越して、「寒い」ですね。

「旭川は初冠雪・・・」というニュースを先日拝見しました。
徐々に冬の気配を感じています。

さて、松江市にある松江城。
松江市内にある平山城なので、天守閣までは数カ所の階段があります。
もともと、人を寄せ付けないように造ってあるので、車いす使用者や高齢者の方などには、
結構大変な観光地ですが、城山からの眺めは格別ですし、現存する天守閣も、
多くの方に見ていただきたい、松江のシンボルです。

天守閣近くの二の丸上の段までは、事前に連絡しておくと車で上がることができますが、
最後、天守閣のあるレベルに上がるためには、車いす使用者は持ち上げるか、
階段昇降機を利用することになります。

階段昇降機を使用される際は事前に連絡を入れる必要がありますで、
お気をつけ下さい。(利用は無料)
車いすを降りるタイプと、使用されている車いすのまま上がるタイプと2パターンを
選ぶことができます。

●松江城

●階段昇降機の動画

※階段昇降機は「スカラモービル」が使用されています。

階段昇降機の事前予約の電話
TEL:0852-21-4030 
※松江城山公園管理事務所

▼松江城階段昇降機の参考HP
http://www.matsue-tourism.or.jp/cgi-bin/rus7/new/view.cgi?d=2


写真をクリックすると別ウィンドウで拡大写真を表示します。
添付画像
添付画像


岡山湯原温泉「八景」のバリアフリールーム

2011年10月04日 09:58   松江/山陰バリアフリーツアーセンター
コメント(1)

松江/山陰バリアフリーツアーセンターの川瀬です。
先日、岡山湯原温泉の旅館「八景」に立ち寄ることがありましたので、
館内のバリアフリールームを見させていただきました。

館内2階に設置されたバリアフリールームは、
入口がスロープ状になっており、入口幅は80cm以上。
室内には入口の広い、車いす用トイレや、お風呂も設置。
お風呂は大きな腰かけが設置され、入口も広く作ってありましたよ。
その他、1階に車いす用トイレが設置されていました。
ご高齢の方を含む、ご家族連れなどのご利用が多いとのお話しでした。

八景さんの利用客はリピーターが多く、
湯原温泉に行きたいというよりは、
八景に泊まりたいから湯原温泉に行く!という印象のお宿でした。

湯原温泉は露天風呂番付で西の横綱と称される“砂湯”もあり、
なかなか風情豊かな温泉郷でした。

写真は、バリアフリールーム入口、室内のトイレとお風呂。


写真をクリックすると別ウィンドウで拡大写真を表示します。
添付画像
添付画像
添付画像


松江市営バス の 車いす乗降リフト装備車

2011年09月29日 10:37   松江/山陰バリアフリーツアーセンター
コメント(5)

松江/山陰バリアフリーツアーセンターの川瀬です。

昨日は、松江市内で10棟を巻き込む大きな火事がありました。
思い出深いお店も全焼や部分焼けするなどしたようです。
中には明治期からの建物もあったようで、とにかく一気に燃え広がったとのこと。
これから乾燥する季節になりますので、本当に火事には気をつけましょう。


さて、今回は松江市営バスの「車いす乗降リフト装備車」をご紹介させていただきます。
21年11月、約2年前から導入されました。
これまでこういった車両がありませんでしたので、松江に限らず、出雲や米子など近隣の地域の利用も多くあるようで、特に学校関係の貸切車両としての利用が多いようです。

団体旅行など、ご利用を検討してみられてはいかがでしょうか。


松江市営バスの「車いす乗降リフト装備車」の詳細はこちらから↓
http://www.matsue-bus.jp/reserved/index.html
※車いす固定時(2 台まで固定可能)


●お問合わせ先

松江市交通局
TEL. 0852-60-1111(代表) / 0852-60-1113(観光係)
FAX. 0852-60-1126


※写真は、HPから。


写真をクリックすると別ウィンドウで拡大写真を表示します。
添付画像
添付画像


島根で乗馬を楽しむ

2011年09月26日 10:35   松江/山陰バリアフリーツアーセンター
コメント(3)

松江/山陰バリアフリーツアーセンターの川瀬です。
ずいぶん朝晩が冷え込むようになってきました。
最高気温が25度以下。
まもなく、10月に突入。当然と言えば、当然ですね。

さて、今回は車いす使用者も含めて誰もが乗馬を楽しめる施設のご紹介です。
島根県浜田市にある「かなぎウェスタンライディングパーク」
2010年には、全国障害者乗馬大会も実施されるなど、
障害者の方の乗馬を積極的に行っておられます。

乗馬の他にも、宿泊、レストラン、馬具などのショップ、農園など、
色々な楽しみが詰まっている施設です。
もちろん、車いす用トイレなども設置されています。

写真は、車いす使用者の(ラクラク太郎さん)が乗馬を体験しておられるところです。
経験豊富なスタッフの方がしっかりサポートしておられるので、
安心して乗馬を体験することができますよ。
皆さんもいかがですか?

かなぎウェスタンライディングパークの場所はコチラ


写真をクリックすると別ウィンドウで拡大写真を表示します。
添付画像
添付画像
添付画像


そば打ち体験・松江(八雲町)

2011年09月22日 11:13   松江/山陰バリアフリーツアーセンター
コメント(3)

松江/山陰バリアフリーツアーセンターの川瀬です。
台風15号が列島を縦断しましたね。皆様の周りでは大丈夫だったでしょうか。
毎週末台風がやってくるので、観光地にとっては招かれざるお客といったところでしょうか。
今後も気をつけましょう。

さて、話は変わりまして、
松江・出雲を代表する食べ物と言えば 「出雲そば」  
ご存じでしょうか?
蕎麦粉を作るときソバの実を皮ごと石臼で挽くため、そばの色が濃く黒く見えて香りも強いのが特徴。
県内いたるところに、そば打ちを趣味としておられる方がおられます。
私の祖父も年末になると、石臼でそばを挽いて、少し不揃いの蕎麦を食べさせてくれました。

蕎麦打ちを体験できる場所は沢山ありますが、
今回は松江市八雲町にある 「八雲ふるさと館」 で、
車いす使用者の方と蕎麦打ちを体験してきました。
山あいの素敵な道場。
先生(もともと趣味で打っておられた方)の指導のもと、さくさくと作業は進んでいきます。

・・・で、あっという間に完成。 そして試食。
ごちそうさまでした!

八雲ふるさと館の近くには、
温泉施設 ゆうあい熊野館がありまして、バリアフリーの温泉浴室も設置されています。
併せて楽しんでみられてはいかがでしょう。


写真をクリックすると別ウィンドウで拡大写真を表示します。
添付画像
添付画像
添付画像