呉バリアフリーツアーセンター
総アクセス数:8225763
今日のアクセス数:1132
昨日のアクセス数:4088

呉バリアフリーツアーセンターの活動状況や、呉市内の観光バリアフリー情報を掲載してきます。

約45分のミニクルーズはいかがですか?

2012年05月23日 11:07   呉バリアフリーツアーセンター
コメント(2)

こんにちはスタッフの山本です。

今日の呉は天気も良く、センタ−から見る瀬戸内海の景色はいつ見てもキレイです♪
天気が良い時にキレイに見える瀬戸内海から、船の上で呉のまちを見る事が出来る事はご存知でしょうか?

今回ご紹介するのは、呉では船の上から、呉のまちや自衛隊の巡視艇を見る事ができる「呉港お散歩クルーズ」がおこなわれています。(平成25年3月末まで実施)

このミニクルーズは呉港から出航して、呉市の隣にある江田島市の小用港を往復する、約45分のミニクルーズで1日7便出てます。
普段海の上から見る事が出来ない、呉のまち並みや大和ミュージアム 、有名な呉海上自衛隊の巡視艇など数多くの船なども見ることができます。

また毎週日曜の12時20分と14時22分の2便には、地元呉観光ボランティアの会によるガイドが実施されています。

是非、今週末呉の海に遊びにお越しください。



 



今週末、入船山記念館でコンサートがおこなわれます。

2012年05月16日 11:08   呉バリアフリーツアーセンター
コメント(0)


こんにちは、スタッフの山本です。

今週末、呉市入船山記念館内にある旧呉鎮守府司令長官官舎でコンサートがおこなわれます。 
旧呉鎮守府司令長官官舎とは、明治38年の建築当時の資料が見つかり、当時の姿に復元された建物で、入船山公園内にあり、平成10年12月に国の重要文化財に指定されています。 
この建物は木造平屋建で、東側の洋館部と西側の和館部からなり、洋館部は外観に英国風のハーフティンバー様式を取入れ、屋根は天然ストレートの魚鱗葺きです。
また、玄関ドアの上側と左右にはイギリス製のステンドグラスがはめ込まれ、壁や天井には、全国でも珍しい金唐(きんから)紙が張られています。
その他にも施設内には、旧火薬庫、旧東郷家住宅離れ、旧呉海軍工廠塔時計等があります。ぜひ明治の雰囲気漂う長官官舎内でコンサート聴いてください。 

♪浪漫ピアノコンサート〜明治の輝き〜♪ 
◆日時:5月20日(日) ①11時〜 ②13時〜
◆場所:旧呉鎮守府司令長官官舎 洋館部 客室 
◆演奏者:『愛音の会』武安 宏子さん(クラリネット)、牛ノ浜 由紀さん(ピアノ) 
◆参加費:無料(観覧料 大人250円必要、市内高校生以下は無料)
◆問合せ:呉市入船山美術館 
TEL:0823-21-1037
FAX:0823-26-6270
入船山記念館:http://www.kurenavi.jp/html/m000001.html 




呉のバス事情

2012年05月11日 11:02   呉バリアフリーツアーセンター
コメント(2)

おはようございます。
久しぶりに日記を担当します、明神です。
今日は呉市のバスのお話しを書かせていただこうかと思います。 
私たちはバリアフリーに関する調査等もこれまで行ってきており、もちろん呉市営バスさんとも一緒にバス調査などを行った経験もありました。

呉市では、これまで呉市営のバスが運行をしていたのですが、今年の4月からバスの運営が、民間の「広島電鉄株式会社」さんへ移行をしました。

4月に入ってすぐに、車いすのバス利用者の方から、
「これまであった低床バスの表示がなくなっている」
という声をいただきました。
今までの時刻表表示では、低床バスが走る時間には印がついていたのですが、その印がなくなっていて、どのバスに乗ればよいか分からない、ということだったんです。

その後、呉市の交通政策課さんへご相談をし、呉市さん、バス利用者、車いす団体の方、広島電鉄さん、私たちとでお話しをさせていただく機会をいただきました。

そのお話しでは、
◆今現在はバスを順次塗り替えをしているので、これまで通りの表示が難しいが、塗り替えが終わる9月頃を目途に、これまであった表示をつけるようにしてくださる
◆それまでは、車内などにその事情を書いたものを掲示してくださる
◆印がついていない間は、電話で問い合わせをしていただいて対応
ということとなりました。

また、5年後には全体の70パーセントを低床バスに入れ替えて行く計画ということで、理想的なのは印をつけなくてもいつでも低床バスに乗れることなのではないか、というお話しをさせていただきました。

広島電鉄さんでは車いす利用者の方だけではなく、視覚障がいのある方からもご意見を聞き、これまでも車内の改善などを行ってきていたということでした。
呉市内でもこれまで広島で取り組んでいたようなことを、私たちと一緒に取り組んでいただけるという前向きなお話しをお聞きでき、意義のある会合となりました。

こうやって顔を合わせてお話しをさせていただくと、お互いの思いも共有でき、みんなにとってよりよいバスのあり方などを一緒に考えることができて、とてもありがたいことだなあ、と実感。やっぱりお話しをするって大事ですね。

今回のことを、しっかりと情報発信していきながら、みんなが住みやすいまちづくり活動を一歩一歩取り組んでいきたいな、と改めて考えました。

会合の場をコーディネートしてくださった呉市さん、いろいろとお話しをお聞かせいただいた広島電鉄さん、ありがとうございました。
これからもよろしくお願いいたします。


 



下蒲刈 蘭島閣美術館

2012年05月09日 12:12   呉バリアフリーツアーセンター
コメント(2)

こんにちは、スタッフの山本です。

今年のゴールデンウィークは心配していた雨も降らず、丁度良い天気で呉市内に来られた方は楽しんでいただけたと思います。

呉市には自然豊かな島々があります。
自然豊かな島々の一つに下蒲刈島の「蘭島閣美術館」という美術館があります。
ここの美術館は、建物の外観に伝統的な城郭建築を取入れた総槍造りの珍しい美術館で、瀬戸内海の美を探求し、郷土ゆかりの作家や日本を代表する美術作家の作品を中心に体系的に収集、個性的な美術館活動を展開されています。

現在、蘭島閣美術館では、写実の息吹ー野田弘志と野呂山芸術村の作家たちー(期間:平成24年4月27日〜平成24年7月2日)が行われています。
現代写実絵画の画壇を代表する洋画家、野田弘志さんの代表作となる「非時」シリーズをはじめ、油彩16点を含む総数33点を収蔵し、コレクションが展示されています。また野呂山芸術村入村作家の作品も併せて展示が行われており、呉に息づく写実絵画の潮流を感じる展覧会として開催しています。












また、蘭島閣美術館では毎月第3土曜日に館内でギャラリーコンサートがおこなわれています。
ぜひ、呉市下蒲刈島にある「蘭島閣美術館」へ遊びにきてください。

蘭島閣美術館HP:http://www.shimokamagari.jp/event/ins_bijutukan.html


 



広島のゴールデンウィーク情報

2012年05月02日 13:56   呉バリアフリーツアーセンター
コメント(2)

こんにちは
スタッフの山本です。

先月4月29日(日)に呉市内で「第55回 呉みなと祭」がおこなわれました。
会場は朝から多くの人で賑わっており、毎年「呉みなと祭」がおこなわれるとゴールデンウィークが始まった感じがします。

ゴールンウィークの終盤の5月3日〜5月5日に、広島市平和大通りという場所で「フラワーフェスティバル」が おこなわれ、毎年、3日間で約160万人を超える人出で賑わいます。
今年は呉市から、秋に下蒲刈で開催される朝鮮通信使再現行列が、5月3日におこなわれる花の総合パレードに参加される予定です。(12時過ぎ予定)
花の総合パレード:http://www.hiroshima-ff.com/event/parade/index.html

是非フラワーフェスティバルで朝鮮通信使再現行列を見た後、呉市下蒲刈島に遊びに来てください!!