松江/山陰バリアフリーツアーセンター
総アクセス数:2576841
今日のアクセス数:2346
昨日のアクセス数:2210

松江/山陰バリアフリーツアーセンター の活動状況や、各種お知らせを掲載します。

なぜ桃の節句は3月3日なの?

2018年03月02日 11:11   松江/山陰バリアフリーツアーセンター
コメント(0)

ハウル@矢野です。日本列島は大荒れで松江でも大きな看板が落ちたり、駐車場のブロック塀が倒れたりして、車のフロントガラスが割れたりの被害がありました。皆さまの地方はどうでしたでしょうか?
ところで、3月3日と言えば勿論、ひな祭りですよね。また、この日は一年に5回ある節句の一つです。こちら松江では、月遅れで4月3日がひな祭りとなりますので、まだお雛様を飾っていないのではないかと思います。
節句とは、暦の上で節目になる日のことをいいます。まずは1月7日(人日の節句)、3月3日(上巳の節句)、5月5日(端午の節句)、7月7日(七夕の節句)、9月9日(重陽または菊の節句)です。節句は縁起が良く、お祝い事に向いている日だと考えられています。また、奇数が重なる日は、邪気をはらうことができるとも伝わっています。
昔から、といっても一般庶民に浸透したのはこれも江戸時代からだそうです。そもそもは、宮中の行事として様々な仕来たりは中国から伝わったという事です。子どもの誕生を祝い、邪気をはらって健やかな成長を願うために節句を祝います。
女の子の伝統行事「ひな祭り」の由来や意味をちょっとだけ紹介します。「ひな祭り」と言えば、雛人形を飾り、ちらし寿司やハマグリのお吸い物を食べて女の子の健やかな成長を願う伝統行事ですね。
しかしこのひな祭り、元は今とは少し違う行事だったのをご存知でしょうか。ひな祭りの起源は、季節の節目や変わり目に災難や厄から身を守り、よりよい幕開けを願うための節句が始まりとされています。
また、ひな祭りに欠かせないひな人形も、昔は飾るのではなく川に流されていました。この風習は全国各地で見る事が出来ます。こちら出雲地方でも出雲市の高瀬川で流し雛や安来市広瀬町ではお雛様を飾って一般の人への公開したりとイベントがあります。
ここでは、長くなりますので、菱餅の重ね方と色について書きますね。
ひな祭りの原点は、中国の「上巳の節」です。中国では、上巳節に母子草(ははぐさ)という草が使われた緑色の団子を食べていました。
母子草は、強い香りがあるので、邪気を祓うとされたのです。 日本では、母子草が手に入りにくく、よもぎ団子を食べていました。
緑だけでなく、他の色が加わったのは江戸時代初期からです。
まず、子孫繁栄や長寿になる事が出来る実だと言われる“菱(ひし)の実”を入れた白い餅が加わります。その後、明治時代に魔除けに使われる赤を加えて三色が定番になります。
色の意味
菱餅 色
ピンク(赤)
赤は魔よけのクチナシが使われている事から、魔よけの意味があります。

繁殖力の強い水草になるヒシの実が使われていることから、子孫繁栄や長寿の意味があります。

ヨモギ(元々は母子草)は、強い香りで邪気を祓うとされています。
そして、菱餅の色の重ね方は、下から『緑→白→ピンク』が多いようです。
「残雪の下には(見えないけれど)新芽が芽吹いていて、雪の上には桃の花が咲いている」という、状況を表しているといわれています。
小さい女の子にはどのように説明すればわかってくれるのでしょうね。こういった事を正しく伝えて行く事も私たち大人の責任ですね。



どこにあるかいつも分からなくなる都道府県ランキングで島根県が第1位に!

2018年02月20日 15:45   松江/山陰バリアフリーツアーセンター
コメント(0)

ハウル@矢野です。屋根から雪がズリ落ちる事を「雪ずり」と言うのは出雲地方の方言だそうですね。共通語では「落雪」だというのを最近になって知りました。皆さまも共通語だと信じていた言葉などはありませんか?
今日は、「どこにあるかいつも分からなくなる都道府県ランキング」で依然として我が島根県は栄誉ある?第1位に選ばれたという話題です。
有名な観光地を多数有することで知られていながら、その場所はいまいち認知されていない都道府県も存在しますが、全国レベルで日本人の多数の方がそう思っているのは残念な事です。

 1位 島根県
2位 岐阜県
3位 鳥取県
中国地方の広島県の北、日本海側に位置するのが島根県ですよ!年間を通して湿度が高く降水量が高めで、雨が多い地域です。島根県と言えば縁結びで知られる出雲大社が有名ではないですか。良縁を求めて毎年多くの人が足を運んでいます。なんと最寄りの出雲空港は『出雲縁結び空港』という愛称です!期待できそうな名前ですよ。
その他、江戸時代に築城された松江城や夕日が美しいと言われている宍道湖など、観光スポットも多数あります。世界遺産の石見銀山やジオパークの隠岐諸島もあります。
私が思うには、島根県には出雲国・石見国・隠岐国の3つから成り立っていますが、島根国がありませんので、直観的に思いつかないのではないかと感じる次第です。1位となりました。皆さん!そうですか?

2位は「岐阜県」!私はわかりますよ。
中部地方に位置する内陸県の岐阜県。岐阜県と言えば、世界遺産に登録されている白川郷が有名。日本有数の温泉地として知られる下呂温泉もあります。
“さるぼぼ”でおなじみの飛騨高山は、昔の奥ゆかしさが感じられる街並みを楽しむことができる人気観光地。毎年多くの人が訪れています。しかし、名前は知っているけれど詳しい場所が分からないという人が多数。2位となりました。

3位は「鳥取県」!お隣の県ですので勿論、よ~く知っています。
中国地方の日本海側に位置する鳥取県。鳥取砂丘が有名で、温暖な気候をイメージさせますが、実は西日本有数の豪雪地帯でもあります。鳥取と言えば『ゲゲゲの鬼太郎』の作者・水木しげるの出身地でもあり、境港市にある『ゲゲゲの鬼太郎』に登場する妖怪をはじめとしたキャラクターのブロンズ像が多数立ち並ぶ“水木しげるロード”も有名です。しかし1位の島根県同様、明確な場所が分からないという人が多く、3位となりました。

私は東北地方の南部と北関東のあたりがあやしいです。人の事は言えませんね。
みなさんには、「場所が分からない」と思っている都道府県はありますか?子どもに聞かれて恥をかかないようにこの機会に少し調べておきましょう!



旅行に便利なアイテムをトラベラーなら持っているはずですね!

2018年02月20日 09:16   松江/山陰バリアフリーツアーセンター
コメント(0)

ハウル@矢野です。旅行を楽しく快適に過ごしたい! これは、全トラベラーが願う事ですよね。
今回は、これを持っていけば旅が何倍も楽しめる?!というお役立ちグッズを紹介します。これは必品と思われるものがあれば買いそろえるのもいいかもしれません。ちなみに100円グッズです。
○長時間の移動中に快眠できる! 「エア枕」
空気を入れて膨らませ首の後ろにはめて使う、Cの字型のエア枕。飛行機や鉄道など、長い移動の時に活躍します。座席に座りながらも、快眠に導かれてリラックス。
○移動中に靴が脱げる! 「折りたたみスリッパ」
これも移動を快適にするグッズ。長時間座っていると、足がむくんで靴がきつくなる~! と悩む人も多いのでは。そんな時は、靴を脱いでスリッパに履き替えましょう。折りたたみ式なので、カバンにすっぽり入ります。
○洋服をぺちゃんこにして持っていこう! 「圧縮袋」
長期間の旅行の場合、意外とかさばるのが洋服。圧縮袋は洋服を圧縮しぺちゃんこにできるので、カバンの中の容量を増やすことができます。長期の旅行だけでなく、2~3日の旅行にも大活躍。小さなカバンで出かけられるようになります。
○お土産が増えてもこれで安心! 「エコバッグ」
たくさんお土産を買うと、紙袋をいくつもぶら下げる羽目になり、大変な思いをすることに。そんな時は、エコバッグを利用して荷物を一つにまとめましょう。小さくたためるエコバッグなら、持っていくのも苦になりません。
○荷物が増えたときにも活躍! 「スーツケースベルト」
スーツケースの目印として活躍するベルト。それだけでなく、荷物が増えたときに、スーツケースに括り付けられるというメリットも。スーツケースに入りきらなくても、外にぶら下げて運ぶことができます。まさに一石二鳥のアイテムです。
○お土産を心置きなくつまみ食い! 「キッチンクリップ」
食べかけのお菓子の袋を止めておける、キッチンクリップ。大袋にはいったお土産を、今すぐ食べたい! なんてときもありますよね。そんなときはコレが大活躍。食べきれなくても袋の口を止めて保存。カバンに入れても中身が散らばることがありません。
○いつでも清潔を保てる! 「除菌ウェットティッシュ」
外出が多い旅行では、手を洗いたくてもトイレがなかなか見つからない場合もあります。そんなときは、除菌ウェットティッシュがあれば安心。手を拭くのはもちろん、衛生面が心配なモノでも、サッと一拭きできます。
○急な充電切れに備えよう! 「モバイルバッテリー」
旅行中はカメラ撮影や調べ物などで、スマホの稼働時間は意外と長いんです。急にスマホの充電がなくなった時のために、モバイルバッテリーは必需品。電池を入れて使うタイプなので、何度でも使用することができて重宝しますよ。
○旅行中の撮影がはかどる! 「スマホレンズ」 切替タイプ 広角・接写スマホレンズ
「スマホ用のレンズが100均にもあるなんて!」と感動すら覚えるこの一品。せっかくの旅の思い出だから、スマホにレンズを付けて、ちょっとイイ写真を撮りましょう。ちなみに広角・接写だけでなく、魚眼レンズも販売中。こちらは人気で売り切れ続
出なんだとか。

いかがでしたでしょうか。日々進化する100円グッズのおかげで、旅行中もますます快適に! いつもの旅行カバンにちょい足しして、楽しい時間を過ごしてくださいね。



江戸時代までは、動物の肉は鶏肉だったの?!

2018年02月15日 11:57   松江/山陰バリアフリーツアーセンター
コメント(0)

ハウル@矢野です。暦の上では、季節の分かれ目となる節分も立春も過ぎましたが、まだ真冬のような寒さが続いていますね。寒波は、いささかもうお腹いっぱい、胸いっぱいといったところでしょうか。
正岡子規は、「春立て鴨(かも)の心のいそがしき」と今の季節を俳句にしました。宍道湖や中海に飛来して冬を越したコハクチョウやカモなどの水鳥たちも、そろそろ帰り支度を始めるころですね。渡り鳥がV字形の編隊飛行をするのは、空気の渦を利用することで、使う力を少なくする省エネのためだそうです。長旅を乗り切る知恵なのでしょう。
 ところで、渡り鳥を含む野鳥と日本人の関係は、食生活の近代化に伴って大きく変わったそうです。仏教の影響もあり675年を最初に、たびたび出された「肉食禁止令」で牛、馬、猿、犬、鶏を食べることが禁じられたため、野鳥は江戸時代まで貴重な栄養源だったそうです。縄文人は、狩猟民族だったんじゃあなかったでしょうか?
当時の料理本には20種類前後の野鳥が食材として登場していたらしいのです。雉子(きじ)や雁(がん)、鴨、鶉(うずら)はもちろん、今の感覚ならひんしゅくを買いそうな鶴や白鳥、鴇(とき)、鷺(さぎ)も含まれるらしいのです。「鶴の恩返し」の昔話の時代でも鶴を食していたのでしょうか?冬場は雁や鴨が重宝され、ネギやセリを合わせて臭みを消したという事です。裏返せば当時は、それだけ多く野鳥が生息していたことになるし、誰もがそれを疑う事もなく過ぎていたのでしょうね。
私は、今年も、飼育された合鴨を鴨鍋をいただこうと思います。




出雲空港 仙台線は4月20日に就航します!!

2018年02月15日 10:34   松江/山陰バリアフリーツアーセンター
コメント(0)

ハウル@矢野です。昨日は、中国地方に春一番が吹いて、松江市内の雪もそのほとんどが消えました。でも、季節が進んだ訳ではありません。寒の戻りがきっとあるのでしょうね。
さて、山陰には新幹線はありませんが、「出雲縁結び空港」には今春からまた新規の航空定期路線が開設されます。
静岡市に本社を置く地域航空会社のFDA・フジドリームエアラインは、東北と山陰とを結ぶ初の定期航空路線、出雲・仙台便を4月20日に就航すると発表しました。
ダイヤは出雲を午前10時半に出発し、仙台には正午に到着。折り返し便は仙台を午後0時半に出発し出雲には午後2時に到着します。就航記念として、搭乗45日前に予約すれば片道の価格が7,777円になる期間限定運賃を設定するということです。現在、出雲・名古屋便を毎日2往復運航しているFDAは昨年度の搭乗率(去年11月現在)が72.3%と好調なことから、地方路線を拡大できるチャンスと見て仙台便に加え静岡便も今年3月から1日1往復運航することが決まっています。
陸路では多くの時間がかかりますので、私たち盲導犬ユーザーにとっても、乗換がなく直行便というのが大変に有難い事ですね。旅行地の選択範囲が増えました。
「出雲縁結び空港」からの直行便を紹介しておきます。
出雲-札幌(新千歳)
出雲-仙台
出雲-東京(羽田)
出雲-静岡
出雲-名古屋(小牧)
出雲-大阪(伊丹)
出雲-隠岐
出雲-福岡
思ったよりたくさんの路線がありました。どうぞ、ご利用下さい。