呉バリアフリーツアーセンター
総アクセス数:8144752
今日のアクセス数:327
昨日のアクセス数:4065

列車時刻表

2023年05月28日 14:26   呉バリアフリーツアーセンター
コメント(0)

さて、これまで2回にわたって、「時刻表」の読み方をとりあげてきました。
駅に設置されている「駅時刻表」では、現在いる駅の発車時刻がわかりました。
ネット検索では、乗りたい電車ごとの発着時刻や運賃がすぐにわかります。

今回取り上げるのは「列車時刻表」です。
小さいものであれば路線ごと、大きなものとなれば全国津々浦々の
電車の時間がわかる優れものです。
有名なところでは「JR時刻表」、「JTB時刻表」をご存知の方も多いでしょう。
時刻表をめくるだけで居ながらにして全国を旅するマスターのような方も
いらっしゃいますが、当ブログでは、毎日の暮らしで役立つ、基本の使い方を
ご案内します。

ここでは、JRおでかけネットの時刻表、大阪-京都間を例に見ていきましょう。
「おでかけネット」で、検索結果の表示画面の「区間時刻表」をクリックすると、
指定区間の列車時刻表を確認することができます。
大阪-京都間は、普通・快速・特急等様々な電車が運転されており
後から出た電車が先発列車を追い越すこともあります。

この記事には3枚の写真を付けています。
●大阪駅の発車時刻(一部)
●普通・快速・新快速の時刻表(一部)
●大阪-京都間の時刻表(一部)

列車時刻表では、縦の軸に駅名、横の軸に列車番号、電車名や種別が
入っています。
駅名は上から始発駅寄り、下に行くほど終点寄りです。
駅名と電車名が交差する欄に書かれている数字が発着時刻です。
駅ごとの発着時刻は左から右、ひとつひとつの電車の時刻は上から下に
たどっていきます。
例えば、1枚目の写真、普通電車(130C)の大阪発車は08:49です。

2枚目の写真、時刻を表す数字が記入されている駅は停車駅、
カタカナのレのような記号が書かれた駅は通過駅です。
通過駅での乗り降りはできません。
快速(5726T)は新大阪を出た後、茨木まで停まりません。

3枚目の写真、赤文字で記載されている、大阪09:00発の1006Mは
関西空港特急「はるか」で、利用するには乗車券のほかに特急券が必要です。
大阪09:02発(526C)の普通電車、高槻発の欄に=のような記号があるのは、
高槻駅が終点であることを表しています。

せっかくなので、大阪から京都まで行ってみましょう。
どの電車に乗ってもよいのですが、例えば赤い四角で囲んだ
大阪08:49発(130C)の普通電車は京都09:39着です。
よく見ると後から出る大阪08:56発(3426M)の新快速の方が、
より早く京都に着くことができます。(京都09:25)(橙色の囲み)
さらに言えば、普通電車よりおよそ15分後に出る大阪09:06発(3428M)の
新快速に乗っても09:38には京都に着けます。(黒丸で囲んだもの)
新快速は途中駅を通過して快速電車や普通電車を追い抜いているのです。
速さでいえば新幹線が一番でしょうが、新快速も速い上に運賃だけで乗れるのは
とっても便利です。

どの電車が速いのか、乗り継げる電車はどれか?目的地にいつ着くのか?
これだけのことがパッと見てわかるのが「列車時刻表」の強みです。
また、今回は料金不要の普通電車を中心にご紹介しましたが、
普通電車から特急・新幹線への乗り継ぎを伴う長距離旅行の
切符を買う時にも便利です

これまでご紹介した
「駅時刻表」は駅での発車時間を知りたい時や近距離向け
「ネット検索」は発着駅と発着時間がある程度わかっている場合
「 列車時刻表」は乗り継ぎがある場合や長距離旅行向き
ということで、時刻表は道具ですから、使ってナンボです。
時刻表を味方につけて、おでかけエリアをもっと広く
毎日をもっと便利にしましょう。 


写真をクリックすると別ウィンドウで拡大写真を表示します。
添付画像
添付画像
添付画像