呉バリアフリーツアーセンター
総アクセス数:6698394
今日のアクセス数:996
昨日のアクセス数:1789

時刻表の読み方ー駅時刻表

2023年05月12日 10:28   呉バリアフリーツアーセンター
コメント(0)

おはようございます。瀬戸口です。さて、今日の話題は前回の記事で予告した
「時刻表」の読み方についてです。興味深いことに、検索サイトで「時刻表」を
検索すると、「時刻表 見方」という予測変換が出てきます。
コツさえ分かれば自由自在、旅の予定を立てるときも、電車に乗る時も、
時刻表はあなたの「味方」です。

●時刻表の種類

時刻表とひとくちに言っても用途によって種類があります。
わたしたち利用者にとって馴染み深いのは「駅時刻表」と「列車時刻表」です。

「駅時刻表」
現在いる駅での電車の発車時刻を知るためのもので、コンコースやホームに
置いてあります。この記事では見た目の感じをご覧いただくため、
呉線呉駅の駅時刻表の写真を載せていますが、最新の時刻は駅又はスマホで
ご確認下さい。

さて、写真をみるとまず、「広・三原方面」、「海田市・広島方面」とあります。
○○方面の○○には主な駅が入ります。その下、「平日」・「土休日」は
平日と土曜・休日で発車時刻や行先が異なる場合に表示されます。
左端、5、6、7・・・22、23、0と縦に並んでいるのは時間です。

例えば、広方面の平日6の行をみると、21 49と数字が横に並んでいます。
これは、6時21分、6時49分に呉駅を発車することを示しています。
数字の上の「広」は行先、その傍らの丸で囲んだ数字は呉駅での乗場、
右下の●両は電車が何両で運転しているかを表しています。
乗車券のみで利用可能な「普通電車」は何両目に乗っても構いません。
乗降介助の必要な方は、何両目に乗るか、乗車前に駅係員の方に伝えましょう。

反対側、広島方面をみると、6時台は、14分、37分、43分の発車です。
注意が必要な点として、この時刻表では平日と土休日で
電車の行先が異なっています。
平日6時14分は岩国(山口県)まで行きますが、土休日は五日市(広島市内)まで
その後37分、43分も平日は梅林(広島市内)、五日市行が、
土休日は広島駅止まりと運転距離が短くなっています。

6時37分発は「通勤快速」電車なので、緑色で表記されています。
黒文字表記は「各駅停車」、橙色は「快速電車」です。
通勤快速・快速電車は停車駅が少ない電車です。

駅時刻表は、今いる駅の発車時刻が掲載されていますが、
途中駅の停車時刻や、終点への到着時刻は案内されていません。
これらを確認するとき役立つのがスマホや、次回紹介する「列車時刻表」です。
ということで、続きは次回


写真をクリックすると別ウィンドウで拡大写真を表示します。
添付画像