呉バリアフリーツアーセンター
総アクセス数:7976422
今日のアクセス数:10310
昨日のアクセス数:6762

呉バリアフリーツアーセンターの活動状況や、呉市内の観光バリアフリー情報を掲載してきます。

【おでかけ情報】倉橋島桂浜

2022年08月24日 12:24   呉バリアフリーツアーセンター
コメント(0)

おはようございます。暑いですね。瀬戸口です。早いものであと一週間もすれば
9月ですね。夏の終わりが名残惜しいこの頃です。ちょっと前のことですが、
家族のリクエストもあって、今年も海に行ってきました。

今回出かけたのは、呉市の南、倉橋島の桂浜です。
県道に面して車で行きやすく、当地の名物である松林のおかげで
程よく日陰も得られます。出かけたのはお盆前でしたが、
家族連れで賑わっていました。松林の間に道がついており、
砂地で多少ジャリジャリしますが、砂浜の直前まで車椅子で
移動が可能です。車椅子のまま砂浜に降りるのは難しそうだったので
私は松の木陰でのんびり。公衆トイレに多目的トイレもあるようで一安心。

海からあがったあとは、目の前の県道を渡ると「桂浜温泉館」があります。
(交通量の多い道路です。気をつけて渡りましょう) 
「桂浜温泉館」には大浴場のほか、家族風呂もあり出発前の予約がおすすめです。
(初めから温泉に入るつもりだったので、温泉館に車を停めて海へ行きました)

桂浜温泉館 http://katsuragahama-spa.com/aboutspa/

家族風呂の脱衣場は車椅子で利用でき、トイレもあります。
浴槽は少し深め、手すりの位置がちょっと高いので、介助の方と一緒の
利用がおすすめです。 お湯はほんのり潮の香りがして気持ちが良いです。

温泉館2階にはレストラン、3階にはカフェがあります。2階のちりめん丼も
気になりますが、子どもを連れていたので今回は3階カフェをチョイス。
(ソフトクリームやかき氷があるので) 
テーブル、椅子は自由に動かせるので車椅子でも入りやすいですね。
座敷もあり、車椅子をおりて身体を伸ばすのもよいでしょう。 

温泉館周辺には、他にもおしゃれなカフェや、ラーメン屋さんなどがあり
食事はいろいろ選べそうです。

お出かけの際はぜひ、倉橋まで足を延ばしてみませんか? 



自動運転の電動車いす、成田空港で実証実験ーエレベーターで上下移動も

2022年07月28日 13:02   呉バリアフリーツアーセンター
コメント(0)

おはようございます。暑いですね。
気になるニュースを見つけました。

WHILL、自動運転車イスとエレベーター連携 成田空港で実証実験行うー旅行新聞

7/27付 旅行新聞の記事です。次世代型電動車いすのWHILL(ウィル)が
成田空港で自動運転の実証実験をするそうです。車いすの自動運転実験は
これまでもあったようですが、記事によると
----------------------------(以下引用)--------------------------------------------------------
車イス「WHILL」はこれまで、同一階のみ走行できた。
今回は階層の移動を可能にすることで、目的地の幅を広げ、
高齢者や長距離の歩行に不安を感じる人などすべての搭乗客に、
より快適で便利に空港を利用してもらう。
-------------------------------(引用終わり)-----------------------------------------------------

空港内では、ターミナル間やゲート間での長距離移動もあり
利用者にとっては便利だと思います。また、普段から車いすを
利用する方の場合は、自分の車いすを預ける必要があったり、
搭乗案内の関係で空港内は早め早めの移動になることが多いと思いますが、
ゲートに着いて、搭乗開始まで手持ち無沙汰だったりしますから
自動運転で自由に動くことができれば、出発まで時間を有効に使えそうです。
操作は手元のタッチパネルでするようで、ルートがプログラムされていれば、
空港に慣れていない利用者も迷わず移動できそうです。
まだ実験段階ですが、実用化に期待がもてますね。



【おでかけ情報】八天堂ビレッジでパン作り体験

2022年07月20日 12:34   呉バリアフリーツアーセンター
コメント(0)

おはようございます。瀬戸口です。暑いですね。今日は【おでかけ情報】です。
海の日、月曜日に広島空港そば、クリームパンの八天堂が運営する
食のテーマパーク「八天堂ビレッジ」へ行ってきました。 

https://hattendo-village.jp

詳しい施設案内はWebをご覧いただくとして、ショップ・カフェ・体験工房
アスレチック、さらにはミニチュアポニーがいる牧場まである、
とっても楽しい施設です。 私たちが行った日も家族連れ・カップルで
賑わっていました。

さて今回、私たち家族のメインイベントは「わくわくパンづくり体験」
パンづくり体験はとても人気があるようなので、Webでの事前予約をお勧めします。

今回の体験に出向く前、八天堂ビレッジのWebサイトを見てみると、
●障害者用駐車場
●多目的トイレ
●障害者手帳による参加費の割引(「わくわく」、「うきうき」パンづくり体験)
の記載がありました。 設備や割引があることはもちろんですが、
Webに記載があることで、車椅子でも安心して参加できました。

体験工房では、パン生地の成形とクリーム注入を体験しました。
成形体験では、用意されたパン生地を、好きな形に整えて、
チョコペンでデコレーション。小さな子どもやパンづくりに慣れてない方でも
楽しく体験できます。

クリーム注入体験では、これも用意されたパンに穴を開け、クリームを注入します。
クリームは体験の始めに選ぶことができます。最後に持ち帰り用の包装紙を選んで、
ペンでお絵描きしていると、成形体験のパンが焼き上がるおいしい香りが
してきます。30分の体験でしたが、とても楽しかったです。

なお、体験工房では「わくわくパンづくり体験」以外の体験プログラムも
開催されています。

そのほかショップでは、三原・世羅地域のお土産や特産品をはじめ、
様々なフェアも開催されているようです。(今回は沖縄フェアでした) 
食べたり、体験したり 買ったり、遊んだり、色々楽しめる場所なので、
ぜひ出かけてみてください。



車いすで使えそうな雨具情報お寄せ頂きました

2022年07月15日 14:32   呉バリアフリーツアーセンター
コメント(0)

こんにちは、蒸し暑いですね、瀬戸口です。この2,3日、突然雨が降ってきたり
よくわからない天気です。九州方面では、全国初の線状降水帯情報が
出ているようです。お気を付けください。

さて、「雨の日、車いすの人はどうやっておでかけされてるんですか?」(6/17)で
使える雨具がない、と申したところ「車いす対応として売っている雨具ありますよ」
と情報を頂きましたのでご紹介します。

●後ろが外せる2Wayコート
(UNITED CREATIONS 041 with UNITED ARROWS LTD.)

大手アパレルUNITED ARROWSが、社会課題と向き合うソーシャルユニット
"Social WEnnovators"と共に手掛けるプロジェクト
UNITED CREATIONS 041 with UNITED ARROWS LTD.
今回ご紹介するコートは、サイドの裾がジップ、背中がボタン留めと、
車椅子ユーザーでも快適に着用できる晴雨兼用コートとしてデザイン
されています。 (車椅子かどうかを問わず着られる仕様です)
また、041 with UNITED ARROWS LTD.ではスカートなど
コート以外のアイテムも扱っています。詳しくはWebをご覧ください。

041 with UNITED ARROWS LTD.
store.united-arrows.co.jp

●PIRO RACING レインコート
元レーシングドライバーで車椅子ユーザーの長屋宏和さんのブランド
PIRO RACINGのレインコートです。
雨の日になると、長屋さんのブログにレインコート登場します。
PIRO RACINGでも、レインコートだけでなく、
「お尻が痛くならないジーンズ」や車椅子用クッションなど
様々なアイテムが用意されています。こちらも詳しくは下記のWebを
ご覧いただくのがよいと思います。

車椅子ファッションストア PIRO RACING-楽天市場

長屋宏和オフィシャルブログ

こうしてみると、 徐々にではありますがいろんなアイテムが出て来ているようですね。
情報をお寄せいただいた皆様、ありがとうございました。



美味しく、楽しく、嬉しくー行ける場所より行きたい場所へ

2022年06月30日 12:24   呉バリアフリーツアーセンター
コメント(0)

いやぁ、暑いですね、瀬戸口です。大して雨の降らないうちに
梅雨が明けてしまいました。 

さて、「コーヒーブレイク」の記事について、どこのお店ですか?と
お問い合わせを頂きましたので、記事の中にお店の名前を追記しました。
尾道市の「こもん」です。ぜひ、どうぞ。

 http://www.barifuri.jp/sns/blog/articles/5598
-----------------------------------------------------------------------------------

このブログでは、これまでいろんなおでかけ情報をご紹介してきました。
記事をご覧になれば、お分かりいただけると思いますが、
必ずしも、バリアフリー設備が整った場所をばかりご紹介してきたわけでは
ありません。

出かけた先が、バリアフリー化対応が出来て、快適に過ごせるなら
それもよいことです。そのことももちろん大事なんですが、
何よりお出かけした人が、美味しく食べ、飲み、あるいは遊び、
楽しい時間を過ごして欲しいのです。自分の行きたいところに行って欲しいのです。
ですから、段差があれば、「段差があるよ」と言い、
狭ければ「狭いですよ」とお伝えはします。
でも、一番お伝えしたいのは、
「楽しいこと」「美味しいこと」「嬉しいこと」です。
バリアフリーツアーセンターはあなたのお出かけが楽しくなるように
お手伝いします。

夏本番、お出かけの際はぜひ全国のバリアフリーツアーセンターに
お気軽にご相談ください