松江/山陰バリアフリーツアーセンター
総アクセス数:5399234
今日のアクセス数:1707
昨日のアクセス数:4407

松江/山陰バリアフリーツアーセンター の活動状況や、各種お知らせを掲載します。

暦に一粒万倍日とある日がありますがどんな日?

2020年07月28日 17:17   松江/山陰バリアフリーツアーセンター
コメント(0)


ハダル@矢野です。山陰もあと2日くらいで何とか梅雨が明けそうです。
暦などを見ていると「一粒万倍日(いちりゅうまんばいび、「三隣(「さんりんぼう)と書いてある日がありますよね。気になっている方がきっとあると思いますので、少し調べてみました。
「三隣亡」とは、あんまりよい日ではありません。三軒隣まで家を滅ばすという意味ですので、今回は、「一粒万倍美」についてです。
「一粒万倍日」とは、暦で使われている特別な意味を持つ日のひとつです。難しい言葉では、「選日(せんじつ)」のうちのひとつとされています。そもそも「一粒万倍」とは、一粒の籾(もみ)が万倍にも実る稲穂になるということを意味しています。
それを踏まえて一粒万倍の日を考えていくと、ひとつのことが何倍にも成長するということになります。それだけ、ひとつの行動が、今後の生活に大きく影響を与える日であるということです。
また、何事を始めるのにも良い日とされていますので、この日を上手に活用することができれば、金運アップも夢ではありませんよ!
一粒万倍日のおすすめアクションはこれ!!
基本的に吉日であることに変わりはありません。一粒が何倍にも増えていくという日ですから、植物の種まきでもよいのですが、新たなビジネスやプロジェクトをスタートさせる、お店を始める・開店するなどもおすすめです。
お金を銀行に預けること、何かに投資することも吉になります。いつも以上に喜んでくれると思いますし、ビジネスのパフォーマンスにも期待が持てます。
一粒万倍日にやってはいけないことは?
いくら吉日と言っても、NGなこともあります。一粒万倍日にやってはいけないことは、お金や物を借りることです。この日に借金をすると、なかなか残金が減らない、返済するのに苦労するなど、凶の日となってしまいます。どうしても借り入れが必要な場合であっても、一粒万倍日を避けた方がよいでしょう。
悪口や失言・争い事もNGです。そもそも、これらの行動自体が運気を落とすNG行為なのですが、一粒万倍日で悪口や失言をすると、思わぬ方向に話が進んでしまい、言った本人が窮地におちいることも考えられます。


なお、2020年7月と8月の一粒万倍日は、7月26日(日)、29日(水)、8月7日(金)、8日(土)、13日(木)、20日(木)、25日(火)です。一粒万倍日を意識しながら、ポジティブに行動していきましょう!



「島根半島四十二浦巡り」で新たな発見をしてみませんか!

2020年07月21日 16:07   松江/山陰バリアフリーツアーセンター
コメント(0)


ハダル@矢野です。いつもなら、この時期は夏休みの計画を練っている家族も多いことと思いますが、コロナ化の影響は、どこまでつづくのでしょうか?
さて、今回は、「島根半島四十二浦巡り」で新たな発見をしてみませんか!という話題です。
出雲の神様「ヤツカミヅオミヅヌノミコト」の国引きによって誕生したとされる「島根半島」。神様が突き立てられた鋤先がガタガタだったのか特に半島の北、松江市の美保関町から島根町、鹿島町に至るまでの海岸線は荒々しく、「鼻」という名が付く突出した地名が多数見受けられ、断崖や切り立った岩場が海岸線を形成する日本海独特の入り組んだ地形が、自然の驚異、そして雄大さを物語っています。
この島根半島には、出雲大社から美保神社に至る浦々と神社を巡り歩く「島根半島四十二浦巡り」という信仰習俗があり、日本の原風景を訪ね歩き、たくさんの神様と出会う事ができます。
出雲の新たな魅力発見の旅に出かけてみてはいかがでしょうか?ここには、浦が多く、それぞれに神を祀る社があり、浦浦の神社には出雲国風土記・古事記に登場する神々が祭られている。
「出雲国風土記」には奈良時代の地名が多く載っており、この地名のなかには、現在でも使われている地名も多い。また、山や川、湖、海岸、島も後世の開発をそれほど受けずに今に至っていて、つまり、奈良時代の風景が変わらずいまでも見ることができることになります。
このような「奈良時代の風景」を「出雲国風土記」片手に見て歩くと、見慣れた景色にも新たな発見があると思います。
コロナ化ですから、マイカーがおすすめでしょうか?



「土用の丑の日」に安来特産ドジョウ料理はいかが?

2020年07月20日 11:20   松江/山陰バリアフリーツアーセンター
コメント(0)


ハダル@矢野です。今年の梅雨明けはいつになるんでしょうね。梅雨明けにはならなくても「土用の丑の日」はやってきますね。最近は、コンビニでも予約注文で締め切り日が割と早いみたいです。今日はウナギによく似たお魚の紹介です。
安来節」のどじょうすくい踊りに代表されるように、どじょうは昔から安来市民に親しみのある魚です!
愛嬌のある風貌だけでなく、食せば栄養価も非常に高く、昔から「うなぎ一匹、どじょう一匹(カルシウムは約9倍、ビタミンB2は約2倍)」と言われるほどなんですよ。
7月21日の「土用の丑(うし)の日」に合わせ、島根県安来特産のドジョウの料理を食べてもらおうと、安来市観光協会が同日から、地元飲食店8店と連携してPR企画を展開しています。新メニューや夏季限定メニューを用意したり、注文客に特製シールを配ったりして「どじょうのまち安来」を広く発信しています。
足立美術館に来館されたなら駐車場の一角にある食堂でもいただけるそうですよ。お値段は、ウナギの5分の1程度?です。



島根県飯南町・道の駅に赤ちゃん用紙おむつ自販機が設置されました!!

2020年07月13日 16:03   松江/山陰バリアフリーツアーセンター
コメント(0)


松江市のハダル@矢野です。
子育て世代の外出を道の駅が応援です。7月7日、島根県飯石郡飯南町の道の駅に、中四国では初めて設置された自販機。飲み物のほかに「赤ちゃん用の紙おむつ」を販売しています。道の駅赤来高原に設置されたのは、子育て世代の外出を応援するために中四国では初めて設置された「ベビー用紙おむつ自販機」なのです。紙オムツ2枚が購入できます。
自販機は、道の駅カラーのグリーンを採用されています。キャラクターなどのイラストを手がけたのは、道の駅赤来高原の女性駅長です。
道の駅赤来高原の助成駅長「子育ての世代にも気軽にきていただくには、色んな設備を準備しとかないと。来やすい環境づくり。」と言っています。
駅長は、全国でも道の駅でも少ない女性の駅長会を立ち上げ、子育て世代や女性に使いやすい駅づくりを目指して来ました。そんな中、大手飲料メーカー・ダイドードリンコなどが開発する紙オムツ自販機の設置を思いつきました。また、駅長は授乳室やフリースペースを設置することで、地域のママに気軽に利用してもらいたいとしています。
さすが、女性ですね。きっと優しい方なんでしょうね。ほかにも売りがあるようです。
この赤ちゃん用紙おむつ自販機は、道の駅奥出雲ループにも設置されたということです。


■お問い合わせ 「道の駅」赤来高原
所在地 島根県飯石郡飯南町下赤名880番地3
TEL 0854-76-2007(レストラン直通)
TEL 0854-76-9050
FAX 0854-76-2040


道の駅 赤来高原|楽しむ|飯南町観光スポット|さとやまにあ島根県飯南町の攻略サイト!
https://www.satoyamania.net/spot/2019/03/post-3.html



「暑気払い」を飲み会と勘違いしているのでは?!

2020年07月13日 10:33   松江/山陰バリアフリーツアーセンター
コメント(0)


ハダル@矢野です。例年ならもうとっくにビアガーデンの季節ですが、今年は足がむきにくいですね!
まだ、屋外だからいいんですが、密接でウイルスの飛沫感染は避けられないところでしょうか?
プロジェクトゆうあいでも「納涼会」と称した飲み会があるのですが、無理っぽいです。
毎年、小暑(今年は7月7日)が過ぎて本格的な夏を迎える頃から、「暑気払い」という言葉をよく聞くようになります。特に、会社勤めの人たちはこの言葉を聞くと「夏に開催する飲み会」を連想する人も多いのではないでしょうか。しかし、本来の暑気払いは夏に開催する飲み会を指すのではなく、日本で昔から行われている年中行事ともいわれています。
暑気払いについて、本来の意味を調べてみました。
そもそもは、暑さを打ち払う、日本独自の習わしなんです。
暑気払いとは、暑い夏、体を冷やす効果のある飲み物や食べ物を取ることで体の熱を放出する、つまり、『暑さを打ち払う』ための日本独自の習わしであり、年中行事です。現在では、夏に開催する飲み会と思っている人も多いようですが、本来は『暑気払い=飲み会』というものではありません。
この行事の歴史は、古代日本の宮中では、暑さをしのぐために氷を食べたり、甘酒を飲んだりする習慣がありました。江戸時代に入ると、庶民の間でも暑い夏を乗り切るために『薬を飲んで暑気を払うこと』として、暑気払いが行われるようになりました。ここでの薬とは、例えば『本みりん』のような、体の熱を取り去るための飲み物や滋養のあるものを指します。江戸時代前半には、みりんに焼酎を加えて飲みやすくしたものに『直(なお)し』『柳蔭(やなぎかげ)』といった風流な名前が付けられ、夏に冷やして飲む甘いお酒として人気でした。
また、江戸時代の川柳に『枇杷(びわ)と桃 葉ばかりながら 暑気払い』という句があります。枇杷の葉には体を冷やす効果があり、乾燥した枇杷の葉などを煎じた『枇杷葉湯(びわようとう)』を飲んで汗をかいて体を冷やしたり、熱を下げる働きがある夏野菜を食事に取り入れたりしていました。飲食の他にも、行水や川遊びをして暑さを打ち払っていました」
では、なぜ、夏に開催する飲み会と同意語のようになったのでしょうか?
暑気払いには、暑さや熱そのものに限らず、弱った気(エネルギー)を元に戻して、元気になるという意味もあります。おいしいものを食べて体力をつけ、冷たいビールなどを飲んで体を冷やすことも暑気払い同様の効果があることから、現代では、飲み会や宴席も暑気払いと呼ぶようになりました。
また、暑気払いは元々、『暑い夏を元気に乗り越えよう』と行うものなので、ビジネスシーンにおいては『夏場の仕事を一緒に乗り越えよう』と、団結を目的に『暑気払い』として飲み会を開くという面もあると思います
今年は新型コロナの影響で、飲み会の暑気払いを実施するのは難しい状況です。私たちは、どのような暑気払いを行うことができるのでしょうか?
暑気払いは飲み会に限ったことではないので、原点に立ち返り、それぞれのご家庭で暑さを取り払うことをしてみるしかありませんね。残念ですがいたしかたないところです!