松江/山陰バリアフリーツアーセンター
総アクセス数:3913405
今日のアクセス数:1973
昨日のアクセス数:3792

松江/山陰バリアフリーツアーセンター の活動状況や、各種お知らせを掲載します。

松江には幾つかの心に残るお祭りがあります!

2019年05月20日 11:57   松江/山陰バリアフリーツアーセンター
コメント(0)


ハダル@矢野です。相変わらず雨が降らない松江市です。ニュースで聞くところによると他県でもこちらと同様なところがあるようで、ダムの貯水率が0%だとか・・・。いつかはドサっとくるのではないかと心配です。
ところで、皆様のお住まいの地域でも、心に残る祭りがあるのではないでしょうか?
特に何年に一度とかなれば、伝統やお祭りの内容など次世代に繋ぐのも大変にご苦労だと思います。
さて、18日には、勇壮な水上絵巻を繰り広げる「ホーランエンヤ」が開幕しました!
日本三大船神事の一つ、ホーランエンヤ(松江城山稲荷神社式年神幸祭)が18日、渡御祭で幕を開けました。松江市の大橋川や意宇川などを舞台に、歌舞伎風の装束に身を包んだ剣櫂(けんがい)や采振(ざいふ)りが地域や令和の安寧、五穀豊穣(ほうじょう)を祈って乱舞する様子は見事としか言いようがありません。。りりしく切られる見えや、水面を吹き渡る薫風に乗る唄、そろった櫂(かい)さばきに、国内外から集まった14万人の観衆が万雷の拍手を浴びせました。
城山稲荷神社(松江市殿町)の神霊を載せた神輿(みこし)は陸行列を経て、大橋川に浮かべられました御座船へ移動。水面を清めた後、御座船を護衛する馬潟、矢田、大井、福富、大海崎の五大地が繰り出す櫂伝馬船(かいでんません)で、邪気を払うとされる剣櫂たちが櫂伝馬踊りを見せました。
最も多く観覧者が集う松江大橋から新大橋間で船団が3周しました。従来より1周増やし、勇壮であでやかな櫂伝馬踊りと巧みな櫂さばき、伸びやかな唄声を人々の記憶に刻みました。
意宇川などを経て、神輿は阿太加夜(あだかや)神社(同市東出雲町出雲郷)へと送り届けられ、7日間にわたる大祈祷(きとう)が執り行われます。 改元直後の開催となる今回は奉祝ムードの効果で、2009年の36万5千人を上回る人出が見込まれているそうですよ!


詳しくは下記URLから情報を取得ください。
ホーランエンヤ2019 公式ホームページ
https://www.ho-ran2019matsue.jp/