呉バリアフリーツアーセンター
総アクセス数:7976422
今日のアクセス数:10259
昨日のアクセス数:6762

【お出かけ情報】バリアフリーなフェリーと宿で楽しむ道後温泉2(松山市内交通編)

2023年11月24日 16:13   呉バリアフリーツアーセンター
コメント(0)

お出かけ情報、道後温泉の2回目です。今回は松山での交通手段について
取り上げます。今回の旅行では家族3人(手動車椅子1台、幼児1名、健常者1名)で行きました。

広島-呉-松山航路のフェリー運賃には、
障害者手帳の種類・種別・等級により割引があります。
車があると便利ですがフェリーに車を載せる「自動車航送料金」
(ドライバー1名分の運賃を含む)には、障害者割引がありません。
ということで、今回は車を持たず公共交通機関をメインで利用しました。

松山観光港から松山市内・道後方面に出るには

●連絡バス+伊予鉄郊外電車+路面電車
●タクシー(観光港→道後温泉)
●道後温泉駅直通リムジンバスがありますが、

リムジンバスは現在観光港→道後温泉駅方面に全部で朝晩3便、
道後温泉駅まで行くのはそのうち早朝の1便のみ。
道後温泉駅→観光港方面は運休中

道後温泉までタクシー(中型)だと、約3600円と
松山観光港のウェブに案内があります。

ということで、連絡バス+郊外電車+路面電車で移動しました。
観光港ターミナルの正面をでると、松山方面行き電車が発着する高浜駅への
連絡バスのバス停があります。連絡バスの運賃は現金だと220円。
障害者割引で半額になります。運行は概ね15分間隔、高浜駅まで所要2分。


●連絡バス

バスは小ぶりな路線バスタイプで、ノンステ車でスロープはありますが、
傾斜が急なので運転手さんにお手伝いをお願いした方がよさそうです。
車椅子は乗降ともに中扉、車椅子以外は中乗り、前降りです。

連絡バスは現金でも乗車できますが、バス乗車前に松山市駅まで
連絡乗車券を買うと、道後温泉行き路面電車への乗換駅である松山市駅まで
1枚の乗車券でバスから郊外電車に乗り継ぐことができます。
また、帰りも同じく伊予鉄松山市駅で観光港(連絡バス)までの連絡乗車券を
購入できます。(帰る時に気づいた)


●伊予鉄道郊外電車

伊予鉄高浜駅で伊予鉄松山市駅まで乗車します。
観光港で連絡乗車券を購入した場合は、
改札で連絡乗車券と障害者手帳を提示してホームへ。

連絡バスに現金で乗車した場合は、ここで切符を購入します。
割引切符を購入する場合は券売機にお金を投入後、
「割引」ボタンを押してから松山市駅のボタンを押してください。
改札を通る際、切符と障害者手帳を提示してください。

重要 高浜駅ご利用にあたって、二点ほどお気をつけいただきたいことがあります。

一点目、連絡バスの停留所から駅構内へは短い階段になっています。
車椅子やベビーカー利用の方は、バスを降りた後、歩道へ出て
駅の正面へ回ってください。

二点目、駅正面に「スロープ」はありますが、見たところ幅70cmあるか、
長さが1mあるかという細いもので、傾斜も非常に急なものです。
利用にあたっては駅員さんにお手伝い頂くか、
同行の方による介助をお願いします。

●路面電車

松山市駅から道後温泉方面へは路面電車を利用します。
1乗車200円の均一運賃後払いです。割引適用の場合は半額です。
手帳をご用意ください。
道後温泉駅方面は3番の電車です。
まだまだ床の高い電車もあるようで、
電車を見送ったりもしたのですが
電停で待っていると入線した電車の運転手さんが
次の低床(電車)は〇分です、と
皆さんまめに声をかけてくださいました。
運転中の指差喚呼、接客も丁寧です。(乗務員さん、皆さん本当に丁寧です。)

有名な「坊ちゃん列車」は11月以降、「当面の間運休」と発表されており
道後温泉駅前で留置中でした。(写真を撮る際はバスの発着に注意)
駅員さんのお手伝いが必要な場合、当駅の駅員さんは、
駅構内、踏切を渡った奥のホームの詰所にいらっしゃるようです。
道後温泉駅の向かい側、商店街入口には観光案内所があり
お手洗いもここで済ませられます。

なお、ここでご紹介した所要時間、運賃はあくまで参考の為のものです。
最新のダイヤ、運賃は運行会社にお問い合わせください。

道後温泉駅までやってきましたので、次回は今回宿泊したお宿を紹介したいと
思います。