呉バリアフリーツアーセンター
総アクセス数:5524190
今日のアクセス数:1295
昨日のアクセス数:4549

タクシー、どんどん便利に

2022年03月23日 14:53   呉バリアフリーツアーセンター
コメント(0)

おはようございます。瀬戸口です。お天気悪いですねぇ。

先日、通勤時に雨が降り、いつもは駅まで歩くのですが
久々にタクシーを呼びました。
やってきたのはトヨタ シエンタのタクシーです。

少し前まで、タクシーと言えばトヨタ「コンフォート」、日産「クルー」に
代表されるセダン型が多かったのですが、最近では

●JPNタクシー(トヨタ)
●プリウス  (トヨタ)
●シエンタ  (トヨタ)
●ノートEV (日産)
●NV200  (日産)

とさまざまです。小欄でも何度か取り上げていますが、
このうち、JPNタクシーとNV200はUD仕様であり、車椅子に乗ったまま
乗車が可能です。 UD仕様タクシーは車両価格が高いのか、
あまり数をみません。

最近増えているのは、シエンタ(トヨタ)とノート(日産)でしょうか。
ノートは、コンフォートやクルーなどと乗車感覚が似ており、
JIS規格に収まる折り畳み車椅子であれば積むことができるでしょう。
セダンでは車椅子を寝かせて積みますが、ノートは立てて積みます。
流しで捕まえやすいのはコチラです。

シエンタは5ナンバーサイズながら室内空間が広く
私の車椅子(全長約80㎝、全高約65㎝、全幅約53㎝)は畳むことなく
ラゲッジスペースに積めました。

セダン型のコンフォートやクルーの場合、トランクへの車椅子の積み下ろしが
やりにくく、蓋も閉まりませんでした。雨の日には、運転手さんも車いすも
ずぶ濡れでしたから、ノート、シエンタともずいぶんとラクになりました。

ところで、UDなタクシーというと、車椅子での利用のしやすさが
注目されますが、車椅子以外のお客さんの利便性や、
運転手さんにとっての使いやすさ、事業者さんにとって導入しやすい
ことも大事なポイントだと思います。
どうもその辺のことは忘れられがちだ、ということについては、
また頁を改めたいと思います。