ゆにふりみやぎ
総アクセス数:3266569
今日のアクセス数:570
昨日のアクセス数:725

ゆにふりみやぎ の活動状況や、各種お知らせを掲載します。

週末は東北六魂祭!

2011年07月14日 15:21   仙台バリアフリーツアーセンター
コメント(4083)

東北六魂祭公式サイトトップページ

皆さん、こんにちは!前回のブログにコメントいただいた皆様、申し訳ありませんm(_ _)m思い切り放置状態でしたね。以後気をつけます(^^;


全国的に早い夏がやってきておりますが、東北もすでに梅雨明けし、猛暑の毎日です。地震から4か月を過ぎ、被災地は炎天下での復旧が続けられておりますが、まだまだ緒に着いたばかりの所も多く、多くの方が大変ご苦労をされております。

こんな中、今週末仙台では、東北を代表するお祭りが一同に集い、
犠牲者に祈りを捧げるとともに復興への狼煙をあげる「東北六魂祭」が開かれます!


東北の県庁所在地6市の代表的なお祭りとは・・・


青森ねぶた祭


秋田竿燈まつり


盛岡さんさ踊り


山形県花笠まつり


福島わらじまつり


そして、宮城の仙台七夕まつり☆


これら6つのお祭りが、仙台市の中心部である定禅寺通りをパレードするのですが、沿道にはもちろん車いす席も用意されています。
車いす観覧スペース周辺マップ


両日各20席とちょっと少ないかな~と思いますが、周辺の市民広場や勾当台公園でも様々なイベントが予定されておりますので、このお祭りを盛り上げながら、東北の誇り高き魂をもう一度奮い立たせいと思いますので、全国の皆さんも応援お願いします!

詳しくは公式サイトをどうぞ!→東北六魂祭



世界文化遺産「平泉」の車いすアクセス

2011年06月27日 13:26   仙台バリアフリーツアーセンター
コメント(2026)

ご無沙汰しております!ゆにふりみやぎ久しぶりの更新は、先日、世界文化遺産登録された「平泉」の車いすアクセスについて。昨年11月に訪れた際のレポートです。

 ○●○●○●○●○
日本時間の6月26日未明、ユネスコの世界遺産委員会にて「平泉ー仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群」の世界文化遺産登録が決定しました!


世界遺産条約では、「世界中の顕著で普遍的な価値のある文化遺産・自然遺産を人類共通のたからものとして守る」ことを目的としており、そのためのバリアフリー化に関しての規定はありませんが、遺産選定地が国内はもとより、海外からも多くの観光客が訪れるようになることは容易に予想されます。中尊寺、毛越寺とも外国人観光客への案内も多数見られ、サイトやバリアフリーマップなどの配布による情報のバリアフリーも図られていました。


1. 中尊寺(写真左・中)
中尊寺は、表参道「月見坂」から長い上り勾配が存在し、第一駐車場からのアクセスは困難です。そのため、大型バスの乗降場隣の駐車場から、讃衡堂脇の勾配からアクセスすることになります(ただしここも上りの急勾配)。


拝観券発行所でもある讃衡堂は、中尊寺の中でも真新しい建物であり、館内も自由にアクセスでき、車いす専用トイレがあります。讃衡堂見学の後、金色堂に向かい拝観券を係員に提示すると、車いすの誘導路を案内頂けます。

金色堂内部は通常一方通行ですが、出口が階段になっており、車いす使用者は来た道を引き返すことになります。その後本堂方面に移動。本堂前は階段があり、介助が必要です。(ここまで写真中)


駐車場に戻り、月見坂向かいの平泉観光センターへ移動。1階のレストランで昼食を取ったが、併設の土産物店同様、車いす使用者でも問題なく利用できます(車いす専用トイレあり)。

2. 毛越寺(写真右)
毛越寺は、境内の中心に大泉が池を湛え、中尊寺とは異なる平坦な地にあります。そのため、車いすのアクセスは正門向かいにある駐車場からのアクセスも容易です。境内の宝物館には車いす用トイレが設置されるとともに、エレベーターもあり、館内見学も可能です。


宝物館先の本堂には固定スロープがあり、参拝も可能。境内最大の見所である大泉が池周辺もアクセスできますが、手動車いすでは、砂利道に車いすのタイヤが取られて移動し難い箇所も多いので、介助者がいた方が移動の負担は軽減されるでしょう。

今回(昨年11月)、世界遺産候補地のバリアフリーの現状という視点で伺いましたが、先述した世界遺産の趣旨を考えると、バリアフリーについては様々議論があると思います。

しかしながら、これまで両候補地がバリアフリー化を進め、サイト上でも告知をしていることを考えると、日本の文化施設をより多くの人に広めたいという、日本人のホスピタリティが、端々に現れているように感じました。

□■□■□■□■□
参考リンク
平泉町世界遺産推進室
中尊寺
毛越寺


写真をクリックすると別ウィンドウで拡大写真を表示します。
添付画像
添付画像
添付画像


施設情報更新しました (6)

2011年05月13日 16:29   仙台バリアフリーツアーセンター
コメント(1753)

以下のバリアフリー施設情報更新しましたのでお知らせします。

更新内容

茂庭荘:基本情報・ワンポイントアドバイス更新
ホテルメトロポリタン:基本情報・ワンポイントアドバイス更新
ホテルルートイン泉インター:基本情報更新
ホテルルートイン仙台長町インター:基本情報更新
ホテルプレミアムグリーンプラス:基本情報更新
ホテルグリーンパレス:基本情報更新
蘭亭:基本情報更新
きよ水:基本情報・ワンポイントアドバイス更新
ばんじ家:基本情報更新
旅館岩泉:基本情報更新
なかやま山荘:基本情報・ワンポイントアドバイス追加
薬師の湯しろいし:基本情報更新
瑞鳳殿:基本情報更新
万華鏡美術館:基本情報更新
鐘景閣:基本情報・ワンポイントアドバイス更新
仙南シンケンファクトリー:基本情報更新
やまぶき亭:基本情報更新

宿泊施設は付帯設備も含めほぼ復帰しましたが、仙台エリアの予約状況は相変わらずタイトです。



松島へ -5-

2011年05月06日 13:37   仙台バリアフリーツアーセンター
コメント(3763)

--続き--

松島観光の目玉と言えばやはり、松島湾内周遊でしょう。幸い、松島海岸に係留されていた船も含め大きな被害も無く、直ぐにも運用可能だったのですがオカの施設がやられてしまい、インフラの整備に併せて5月1日再開しました。
現在観光船は「丸文松島汽船」が松島~塩釜往復と湾内周遊を一日6~7本、「松島島巡り観光船企業組合」が湾内周遊、一日7本それぞれ毎時ジャスト00分に出航。
開業当日は地元テレビ局をはじめマスコミが集中し、それこそ久々のお祭り騒ぎだったそうです。乗船客も運航前には昨年の一割と悲観的な見通しでしたが、実際は8割に達し予想以上の人出にみんな大感謝とのこと(5月4日付、毎日新聞)。何はともあれメデタイことで、これからもコンスタントにお客様が来て下さることを願うばかりです。

さてこちらの取材に戻りますと、運航を間近に控えて「松島海岸レストハウス」脇には仮設の案内所ができ用意万端でしたが、塩釜港の客船ターミナル「マリンゲート塩釜」は津波で酷く損傷し、当面は船客の乗降設備主体に復旧工事を行い徐々に館内を修復して、テナントの営業再開を目指したいとのことです。
実際に行ってみたところ、瓦礫の撤去はほぼ終わったものの未だ完全ではなく、ビル自体も立入禁止でしたが、1日以降は1階のエントランスホール、旅客待合所中心に物販屋台やレストランで特別メニューの食事もとれるようになりました。
毎年7月の「海の日」に開催される「塩竈みなと祭り」で主役を務める二艘の御座船も、津波襲来時係留されていた桟橋から流されて岸壁に乗り上げてしまい、御覧のような有様で今年の祭り開催は未定ながら是非再就役してほしいものです。

客船については、「観光船企業組合」がバリアフリー対応の大型観光船、「丸文」は湾内周遊の一部がバリアフリー対応、塩釜間は一般の観光船ながら第一甲板へ車いすで乗船可能、いずれもスタッフが乗降の手伝いをしてくれます。
敢えて付言しますと松島~塩釜、「マリンゲート」からの乗降はあまりお薦めできません。桟橋の傾斜が急なこと、建物へ行くのに段差があること、建物から海岸沿いは歩道の整備が未だ終わっていないこと、松島間と車の回送をどうするか等諸々の問題があります。それと「マリンゲート」に近いJR本塩釜駅は修復が完全でなく、トイレは仮設で改札からホームへのエレベーターも使用できないなど車いすの駅利用は全く不可能。
やはり湾内周遊は松島発着が間違いないところでしょう。

「レストハウス」も「マリンゲート」も既にバリアフリー調査は終了し、本文へアップはできるのですが再度現地へ赴き、状況を判断した上で公開致します。

--まだ続く--

※写真説明
右:松島海岸、観光船仮事務所。右側は二社の案内所兼乗船券売り場、左側は「松島観光協会」案内所。待合所はないので桟橋前で乗船案内を待つことになりますが、雨の日はちょっと・・・。
中:マリンゲート塩釜。桟橋から見たところで、撮影当日はあちこちで修復作業中でした。
左:岸壁に乗り上げてしまった御座船「竜鳳丸」、左手の「鳳凰丸」は見た目無事のようですが・・・。


写真をクリックすると別ウィンドウで拡大写真を表示します。
添付画像
添付画像
添付画像


施設情報更新しました (5)

2011年05月04日 07:07   仙台バリアフリーツアーセンター
コメント(8269)

以下のバリアフリー施設情報更新しましたのでお知らせします。

更新内容

三越仙台店:基本情報更新
三越定禅寺通店:基本情報更新
藤崎本館:基本情報更新
藤崎大町館:基本情報更新
藤崎一番町館:基本情報更新
藤崎ファーストタワー館:基本情報更新
ニッカウィスキー宮城峡蒸留所:情報公開
せんだいメディアテーク:情報公開
仙台市博物館:
情報公開
秋保大滝:基本情報追加
秋保工芸の里:基本情報・ワンポイントアドバイス追加
青龍山瑞巌寺:基本情報更新
円通院:基本情報更新
マリンピア松島水族館:基本情報更新

情報公開三箇所は業務再開に付き掲載しました。「仙台市博物館」は一部開館なので詳しくは本文ご覧下さい。


※写真は4月29日の秋保不動尊大祭です。大祭と言うには震災の影響で客がまばら。例年は近郷近在から沢山の人が詰掛け、とても賑やかなのですが、いかにも淋しい。まあ駐車するには楽でしたけど・・・。
秋保大滝は雪解けで水量が多く、水煙が立ち込め迫力満点でした。


写真をクリックすると別ウィンドウで拡大写真を表示します。
添付画像
添付画像
添付画像