松江/山陰バリアフリーツアーセンター
総アクセス数:3380154
今日のアクセス数:3080
昨日のアクセス数:6414

松江/山陰バリアフリーツアーセンター の活動状況や、各種お知らせを掲載します。

松江市内のバリア調査 2012

2012年01月19日 18:05   松江/山陰バリアフリーツアーセンター
コメント(2)

松江/山陰バリアフリーツアーセンターの川瀬です。
雨、雪と、日々何かが降ってくる山陰地方です。
青空が恋しいですね。

さて、年明けから
松江市内の公共施設や、金融機関等を中心に
バリア調査を松江市保健福祉課と協働で行っています。

以前、2004年に行った調査内容が古くなったことと、
合併を機にエリアが広がったこと等を踏まえての、拡大、追加調査です。
一気に100施設以上を巡る予定です!

最終的には「紙媒体(マップ)」と「ウェブ」で、情報提供していきます。
また、完成しましたらこの場を借りて発表します。ご期待下さい!

※写真は「松江市役所美保関支所」


写真をクリックすると別ウィンドウで拡大写真を表示します。
添付画像
添付画像


バリアフリー観光全国フォーラム 仙台大会 開催

2012年01月05日 18:37   松江/山陰バリアフリーツアーセンター
コメント(0)

松江/山陰バリアフリーツアーセンターの川瀬です。
山陰は寒い新年となっています。
皆様はいかがお過ごしでしょうか。

本年も、皆様にとって良いご縁に恵まれた、素晴らしい年になることを願っています。

さて、2月16日に仙台で開催されます
【バリアフリー観光全国フォーラム 仙台大会】の詳細が届きました!
下記URLからご確認下さい!

http://www.barifuri.com/zenkoku/forum/

復興元年
仙台に集まりましょう!


写真をクリックすると別ウィンドウで拡大写真を表示します。
添付画像


大阪城の車いす用トイレ

2011年12月15日 17:12   松江/山陰バリアフリーツアーセンター
コメント(0)

松江/山陰バリアフリーツアーセンターの川瀬です。
先日、大阪に行く用事がありまして、ついでに大阪城に立ち寄りました。
天守閣は残念ながら現存ではありませんが、周囲の立派な石垣や巨石に感動しました!

立ち寄ったのが夜中でしたので、天守閣に登ったりはしていませんが、
スロープ状になっている「桜門」から入り、一番近い場所にある車いすトイレをチェックして帰りました。

入口は80cm以上。
トイレ内にベビーシートが設置されていました。
城内、お堀の中だけで車いす用トイレは6カ所あるようですね。
ご参考下さい。


写真をクリックすると別ウィンドウで拡大写真を表示します。
添付画像
添付画像
添付画像


「キャラ在月inしまね」に福島市の「ももりん」

2011年12月05日 11:21   松江/山陰バリアフリーツアーセンター
コメント(1)

松江/山陰バリアフリーツアーセンターの川瀬です。
今年もあと1カ月ですね。道路の凍結などお気をつけ下さい。

さて、週末の12月3日(土)、4日(日)に、松江市のくにびきメッセにて、
キャラ在月inしまね」という、全国の“ゆるキャラ(R)”が50体以上集まるイベントが
行われ、多くの人々で賑わいました。

ゆるキャラ(R)たちが、会場のあちこちで愛想を振りまき、
相撲をとったり、綱引きをしたりと、エネルギッシュな2日間でした。

福島市の観光PRキャラクター「ももりん」も登場!
親愛なる福島バリアフリーツアーセンターとのご縁もあり、
ももりんグッズの販売に、松江/山陰バリアフリーツアーセンターもご協力させていただきました。

フルーツ王国の福島から、特産品の「もも」と「りんご」を重ね合わせて「ももりん」でーす!
と、声を張り上げ、初日から、売り切れ商品も続出。

ゴテゴテしたキャラクターが多い中、スキッとしたフォルムが愛くるしい「ももりん」は、大人気。
お子さんと、女子たちのハートをつかんでいました。


新聞報道
・山陰中央新報

・産経ニュース

・毎日新聞


写真をクリックすると別ウィンドウで拡大写真を表示します。
添付画像
添付画像
添付画像


視覚障がい者のサポート

2011年11月29日 10:17   松江/山陰バリアフリーツアーセンター
コメント(1)

松江/山陰バリアフリーツアーセンターの川瀬です。
北から徐々に雪だよりが届くようになってきましたね。
松江はまだ雪の気配はありませんが、徐々に気温も寒くなってきました。
今年はカメムシが多かったので、寒い冬になるかもしれませんね。
どうぞ、ご自愛下さい。

さて、先日スタッフ2名(私も含め)
同行援護従業者養成研修を受けてきました。
視覚障がい者(児)の外出時の移動支援、情報支援(代筆、代読含む)、排泄、食事等に関する
援護サービスの知識や技術を学ぶ…といったもので、合計4日間。
座学4割、実地研修6割ぐらいの割合で、外出も含め身体で学んだ研修でした。
改めて、細かな対応方法等を学べたのは、大きな収穫でしたね。

その中で、
研修で使用したテキストが、よくまとめられていたのでご紹介させていただきます。
視覚障がい者のサポートや、対応方法など、とても分かり易い内容でした。

同行援護従業者養成研修テキスト

視覚障がい者の対応方法などを学びたいという方にも、使えるテキストだと思います。
ご参考下さい。


写真をクリックすると別ウィンドウで拡大写真を表示します。
添付画像