松江/山陰バリアフリーツアーセンター
総アクセス数:10402002
今日のアクセス数:21
昨日のアクセス数:5313

松江/山陰バリアフリーツアーセンター の活動状況や、各種お知らせを掲載します。

最近の梅雨のイメージは変わりましたね!

2022年06月30日 10:08   松江/山陰バリアフリーツアーセンター
コメント(0)

ハダル@矢野です。
今年の梅雨は、どちらかというと空梅雨の松江市でしたが、雲にはどっさりと湿り気を含んで、
集中豪雨にならなければと祈るばかりでした。
さて、梅雨と言えば、雨が2ヶ月近くも降り続き暑かったり少し肌寒かったりムシムシしたり時には豪雨だったり
とそんなに良い季節ではありませんね。 
また、気持ちの上では、うっとうしい、ジメジメ、憂鬱などという言葉が続くことが多いのですが、
五月雨(さみだれ)といえば雨を見つめる眼差しが変わりませんか?
言葉ひとつで気分も変わるから不思議ですね。 
そのイヤな梅雨でもアジサイやハスの花は雨に降られないと綺麗に咲かなかったり、
季節は順繰りと回転しなければ生態系にも何かしら影響が及ぶとしたものです。 
ところで梅雨の由来は、梅の実がちょうど熟す頃だから…
と思っている方が大勢を占めているのではないでしょうか。
この他には、黴雨(ばいう)……黴(かび)が生えやすい時期の雨だから。
あまり良い語感ではないため、「梅雨(ばいう)」の字を当てるようになったという説もあります。 
この「梅雨(ばいう)」が江戸時代に日本に伝わりますが、
日本流に「つゆ」と呼ぶようになったのは、次のような説があります。 
・「露(つゆ)」からの連想 
・黴によって物が損なわれる「費ゆ(つひゆ)」に由来 
・梅の実が熟す頃という意味の「つはる」に由来 
・梅の実が熟して潰れる頃という意味の「潰ゆ(つゆ)」に由来 
こうして梅雨(つゆ)が定着しましたが、日本には素敵な異称があります。 
「さみだれ」ということばの響きもうつくしいですね。どんな漢字を当てるのでしょうか。 
五月雨(さみだれ) 「さ」は旧暦の5月(現在の6月ごろ)をさし、「みだれ」は「水垂れ」という意味。
梅雨という言葉が伝わる前は五月雨でした。 
梅霖(ばいりん) 「霖」はながあめという意味です。 
さて、こちら松江市では「縁雫」(えにしずく)と観光客のイメージを梅雨は雨が降るものとしたコピーで誘致しています。
和服を着てから傘をさして松江の堀川沿いを散歩するなどのしっとりとした過ごし方は如何でしょうか? 
もっとも今年は、今のところは空梅雨ですが・・・。 
そんな梅ですが、梅酢、梅酒、梅ジュース、梅肉エキス、のし梅・・・・
梅の加工品は数あれど、最もお馴染みなのが梅干しではないでしょうか。
「朝昼晩と梅を食べれば、医者いらず」といわれた梅干しは、昔から家庭の保健薬的な食べものとして
上手に取り入れられてきました。
その医食同源の秘密は、あの独特のすっぱさにあります。
クエン酸やリンゴ酸を中心とする有機酸は、殺菌や疲労回復、そして食欲増進などにパワーを発揮します。
胃腸の調子が悪い、疲れやすい、食欲がない、などの夏バテ対策にうってつけです。
また、お弁当やおにぎりのなかに入れるのは、腐敗菌の繁殖を防ぐ梅干しの防腐効果を期待してのこと。
先人の知恵に脱帽ですね。 
昔は、塩と梅酢で調理したことから塩梅(あんばい)という言葉が生まれました。
梅干しを食べて、ゆううつな梅雨の時期を「あんばい良く」過ごしたいものですね。 



宍道湖の夕陽を世界に紹介したのは文豪小泉八雲でした! 

2022年06月20日 14:35   松江/山陰バリアフリーツアーセンター
コメント(0)

ハダル@矢野です。
昨日も宍道湖の西岸にある岸公園では、夕方になるとカメラを持った人であふれています。 
勿論、夕日の撮影の時間を待っているのです。
このブログでも再三、紹介しています、文豪小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)が世界に発信しなければ
日本でも有数の夕陽スポットに認定されていなかったという話題です。 
皆さま、ご存じのように八雲はアイルランド生まれです。
この国には日本ほど四季がハッキリとしていなかったのでしょう。
そもそも、四季の変化を求めて来日したと言われています。
しかも山陰の松江に縁があったのも偶然ではなかったのではないでしょうか。 
八雲が松江に来松した、明治23年ころの宍道湖は現在と少し様子が違います。
JR山陰本線より宍道湖側や白潟公園(県立美術館のあるところ)や松江宍道湖温泉街などは
昭和30年頃に干拓事業により新たに陸地となったところです。 
宍道湖南側の円城寺傍のそば屋さんからめでるのが一番いいと言っていたらしいですが、
現在は嫁島卸団地の建物があり見通せなくなっています。 
県立美術館から見る夕陽を八雲はどう評価するのでしょうね。 

当時、八雲は刻々と変わる夕陽が湖面に映る様を以下のように表現しています。 
私の前には広々として美しい湖が、柔らかい光でにぶくかがやいて眠っている。
…くすんだ濃い紫の靄が幅広くたなびき、朦朧とかすむ紫が更(に中天(ちゅうてん)に
向かうあたりは薄く淡い朱やかすかな金色になり、それがまた仄(ほの)かにも淡い緑色)を経(へ)て、
青空の青さに溶けこむ。
/仄かに淡い夕暮れの色は五分ごとに変わっていく。
すべすべした玉虫色絹布(たまむしいろけんぷ)の色合(いろあ)いや陰影を思わせて色という色が
不思議なほどに目まぐるしく移り変わる。
(小泉八雲『神々の国の首都』より、森亮訳)



人間の天敵の「蚊」の主食は何?

2022年06月14日 10:52   松江/山陰バリアフリーツアーセンター
コメント(0)

ハダル@矢野です。
梅雨入りも時間の問題となってきた松江市です。
夏になると鬱陶しいやら痒いやらまた、何かのウイルス感染をもたらす「蚊」って本当にイヤですよね!
でも、人間にとっては厄介者ですが、実態はどんな生活をしているんでしょうか?
血液は「特別食」のようなんです。
実は蚊の主食は血液ではないことをご存じでしたでしょうか?
蚊のエネルギー源は糖分で、普段は蝶や蜂と同じように花の蜜や樹液、果実の汁などを吸って生きているのだそうです。
ではなぜ、夏になると人の血を吸いに来るのでしょうか。
実は血を吸うのはメスの蚊だけで、産卵に必要なタンパク質を摂取するために吸血するようです。
つまり、蚊にとって血液は子孫を増やすための「特別食」なのです。
日本にいる主な蚊は、ヒトスジシマカ(通称:ヤブ蚊)、アカイエカ、チカイエカです。
チカイエカだけは、吸血せずに1度目の産卵をすることができるようです。
これは蚊の中でも非常に珍しく、無吸血産卵性と呼ばれています。
しかし、そのほかの蚊や、またチカイエカも2度目以降の産卵では、血を吸わないと卵を産むことができないのです。
こんな蚊ですが、血を吸うのは命がけなんです。
そこで蚊は特殊能力を身につけました。
人間が出す二酸化炭素を目印に吸血するのです。
20m以上離れていても、位置を特定できると言われています。
一回に吸うことのできる血の量は、自分の体重と同じくらいです。
ということは体重が約2倍になるので、血を吸った後の蚊は動きが少し鈍くなります。
そこでバチンと潰されてしまうことが多いわけです。
ちなみに栄養が十分にあれば、血を吸う必要がないという実験結果もあるようです。
ヒトスジシマカのメスに高栄養のローヤルゼリーを与えてしばらく飼育したところ、血を吸わずとも卵を作ったそうです。
蚊の種類によっては、同程度の栄養がとれれば、血液は必ずしも必要ではないということです。
とはいえ、自然界にそんなに都合よく高栄養な餌が用意されているわけではありません。
そこで蚊のお母さんは子供のために命を懸けて血を吸いに行くのです。
こう聞くと、なかなか簡単に潰せなくなってしまいますよね!



「どこでもバスブック2022年度版」と「縁結びどこでもバスマップ20 22年度版」が完成!!

2022年05月26日 09:51   松江/山陰バリアフリーツアーセンター
コメント(0)

ハダル@矢野です。

今日は、「どこでもバスブック2022年度版」と「縁結びどこでもバスマップ2022年度版」が完成!!
松江圏域の公共交通情報を一冊にまとめた、「どこでもバスブック2022年度版」が完成しました!
価格はこれまでと変わらず、税込250円です。
毎年好評の全域路線図を一枚におさめたバスマップ付きです。

今回の特集は「RUN&路線BUS」=「長距離をランニングし、帰りはバスで帰る」という体験記を紹介しています。
表紙には夕日が沈む宍道湖の景色の中、路線バスとランニングしている人が表現されており、
イラストはゆうあいスタッフが描きました。

【販売場所】
JR松江駅構内「おみやげ楽市」
今井書店グループセンター店(田和山町88)・学園通り店(学園2-33-8)
松江市内のみしまや等にある無人販売「ゆうあい文庫」 

縁結びどこでもバスマップ2022年度版 完成

ゆうあいが発行する縁結びどこでもバスマップ2022年度版が刷り上がってきました!
安来・松江・出雲エリアの主要観光スポットへ、バス、鉄道での行き方と時刻表を掲載しています。
この圏域の観光案内所にて無料で配布です。
見かけたら手にとってください。

松江に観光でお越しの方は、必須アイテムですよ!
JR松江駅に到着されたらすぐに購入してくださいね♪



5月16日は「旅の日」ってご存知でしたか?

2022年05月16日 15:16   松江/山陰バリアフリーツアーセンター
コメント(0)

ハダル@矢野です。

今日、5月16日は、「旅の日」です。
「春の風に誘われて・・・」俳諧師の松尾芭蕉が「奥の細道」の紀行文を書く為に、旅に出発した人されています。
少し、調べてみました。
1689年(元禄2年)5月16日(旧暦3月27日)、俳人・松尾芭蕉が江戸を立ち、
『おくのほそ道』(奥の細道)の旅へ旅立った日です。 
隅田川から日光街道を北へ進み、下野・陸奥・出羽・越後・加賀・越前など彼にとって未知の国々を巡る旅は、
全行程約600里(約2400km)に及ぶ徒歩の旅であった。
芭蕉は体が弱かったため困難も多かったが、2年後の1691年(元禄4年)に江戸に帰った。 
『奥の細道』とも表記されるが、1702年(元禄15年)に刊行された原題名の『おくのほそ道』が正式とされ、
中学校国語の検定済み教科書ではすべて『おくのほそ道』と表記されている。 

松尾芭蕉は、皆様もよくご存知の通り、江戸時代前半の俳諧師です。
俳諧という俳句の元になったものを発展させて、芸術として俳句を完成しました。
全国をいろいろ旅して詠んだ歌は、いろいろなところの石碑などにも刻まれています。
俳句は、俳諧という江戸時代に栄えていたものが発展したものです。
俳句という言葉は、実際には正岡子規によって明治時代になってから広まりました。
芭蕉の辿った道を歩いて石碑を巡る旅をする方も多いと聴きます。
自然の風や水音や虫の音や小鳥の囀りなど感じながらの旅は、最高だと思います。
このような旅であれば、世話しない現代社会を忘れてゆったりとして寿命が伸びそうですよ!!