松江/山陰バリアフリーツアーセンター
総アクセス数:2576841
今日のアクセス数:2305
昨日のアクセス数:2210

松江/山陰バリアフリーツアーセンター の活動状況や、各種お知らせを掲載します。

震源地の大田市は、観光地にお客さんが戻り始めました!

2018年04月27日 15:28   松江/山陰バリアフリーツアーセンター
コメント(0)


ハダル@矢野です。この間の大田市での地震で地元の温泉客のキャンセルでこのGWはどうなるのかと心配していましたが、温泉施設も再開され、予約客もほとんど満室状態になったと聞いてほっとしました。また、三瓶山でも山開きがあり、安全をアピールしたのもよかったのでしょうね。
島根県西部を震源とした最大震度5強の地震で大きな被害が出た大田市で、温泉宿泊施設への客足が戻りつつあります。
地震発生直後は風評被害を受け、キャンセルが相次ぎました。一方、世界遺産の石見銀山遺跡や三瓶山は風評被害などで苦戦が見込まれるそうです。書き入れ時を前に、大田市ではホームページ(HP)内に主要観光施設の営業状況をまとめた欄を新設するなど情報発信を強化しているとの事です。
配管の破損などで、地震が発生した9日から5日間休業した国民宿舎さんべ荘(大田市三瓶町)は30組の宿泊予約客に断りの連絡を入れるなど対応に追われたそうですが、連休中はほぼ予約で埋まったようです。
なにはともあれ、観光客に来ていただくのが復興する元気の源になりますね。



Wを前に奥出雲・鬼の舌震で川開きがありました!

2018年04月27日 15:08   松江/山陰バリアフリーツアーセンター
コメント(0)

ハダル@矢野です。明日からGWがスタートします。連休仲の過ごし方は人によって様々ですね。兼業農家では田植えをいつしようかと考えている友人もいます。気温も30℃くらいになりそうとの予想も出ています。

さて、今回は、奥出雲・鬼の舌震で川開きがあり、既に渓谷美を一足先に楽しんだという話題です。 渓谷美楽しむ
島根県奥出雲町三成地区にある国の名勝・天然記念物「鬼の舌震」でGWを前に26日、川開きがありました。地元関係者が観光シーズンの到来を喜び、早速訪れた観光客が新緑と巨岩、清流が織りなす雄大な渓谷美に目を奪われました。
鬼の舌震は斐伊川の支流・大馬木川の流域約2キロにわたって広がるV字形の渓谷です。巨岩や奇妙な形をした岩が連なり、両岸には広葉樹林が広がっています。
現地であった川開きの神事で、関係者約20人が11月末までのシーズン中の無事故を願いました。また、地元園児がヤマメを放流して祝いました。
晴天に恵まれ、鳥のさえずりが響く中、県内外からの来訪者が遊歩道や橋を思い思いのペースで散策。日光に照らされた新緑や、巨岩を縫うように流れていく川を眺め、自然の豊かさを満喫しました。
ここは、渓谷ですが、町が子どもからお年寄りまで安全に観光出来るようにと整備しました。新緑の森林セラピーを浴びに是非来て見て下さい。