松江/山陰バリアフリーツアーセンター
総アクセス数:2334759
今日のアクセス数:1201
昨日のアクセス数:4920

トロッコ列車が出発 「奥出雲おろち号」20周年を迎え今年も出発です!

2018年04月03日 15:24   松江/山陰バリアフリーツアーセンター
コメント(0)

ハウル@矢野を改名し、ハダル@矢野になりました。
盲導犬のハウルが現役引退した為です。今回のパートナーは、真っ黒のラブラドールです。白いマナーコートを着用するとコントラストがすごく効いてハッキリした感じで見えます。
皆さま、よろしくお願いしますね!!
 さて、JR三江線は、全国ニュースでも放送されていました。最後の日には約3300人の乗車があったようです。地元の人々も参加して、夜まで大盛り上がりだったようです。
4月1日からは列車の代わりのバスが走り始めました。バス停も整備され、利用しやすくなったようですが、江の川沿いの列車の路線とは違い風景には大きな差があるようです。
さて、同じローカル線の木次線を走るトロッコ列車「奥出雲おろち号」20周年を迎えた今年も走りだしました。三江線廃線が現実に行われ、雲南市、奥出雲町をはじめとした地元では、複雑な気持ちな事だと推察します。
奥出雲おろち号は、機関車を含めて3両編成で、全席指定。山間部では冬に積雪が多いため、運行は4月から11月までとなっています。
山間を走る為、桜のお花見もまだ間に合うかも!
これからの新緑の季節にもピッタリですね。本当は、紅葉の時期が一番かもね。廃線にならないように、全国から乗車に来て下さい。お待ちしています。