松江/山陰バリアフリーツアーセンター
総アクセス数:1810009
今日のアクセス数:68
昨日のアクセス数:3881

海外ではセミの声を騒音としか捉えないらしいです!

2017年08月01日 11:13   松江/山陰バリアフリーツアーセンター
コメント(0)


ハウル@矢野です。
今日から8月に入り各地では夏祭りや花火大会や水のイベントの便りを多く耳にするようになりました。松江市では例年開催の松江市民レガッタにはにはか作りのチームが264チームも終結して熱の籠ったレースで会場の大橋川沿いいでは応援隊が盛り上がっていました。もう一つの水のイベントは5日(土)開催の松江水郷祭の10000発の湖上花火大会でしょうか。松江市民は誰でもが年中行事で一番の楽しみではないでしょうか。
そんな松江市ですが、梅雨明けごろからセミくんたちの大合唱が始まりました。我が家の桜の木にも何匹ものセミくんで猛暑が余計に暑く感じられます。皆さんのところでは何種類のセミが鳴いていますでしょうか?
今日はそんなセミくんの話題です。
昔から俳句に多く用いられるなど、日本の夏の夏には当たり前の事で風物詩の1つであるセミ(の鳴き声)ですね。
単純に煩く、余計に暑さが感じられることから疎ましく思う人も少なくないですが、セミの鳴き声が聞こえない夏は、非常に寂しく感じられますよね。
日本人は言語脳(左脳)で虫の鳴き声を聴き、反対に西洋人は雑音と同じで右脳でそれを処理することから、
鈴虫の鳴き声からも、西洋人が情緒を感じるのは珍しいことであるとか機器ます。海外から成田空港に降り立った西洋人はほとんどの人はなんてやかましいと瞬間的、不機嫌になるとか、、、。
それに引き換え日本人は、多くのセミが一斉に鳴く様子からも、「蝉しぐれ」という美しい言葉を生み出しましたが、聞き慣れていない外国人にとっては、大きな驚きだったようです。
日本人に親しみ深い蝉ですので、種類も唄声もいろいろです。世界には3000種類、日本には30種類も確認されています。
蝉の鳴き声はどれも本当に個性的で聞いていると楽しくなってきます。アブラゼミの蝉しぐれの基調メロディーに乗せて、義太夫のうなり声のようなミンミンゼミ、ツクツクホーシはゆっくりした出だしから徐々にピッチを上げていくブキウギ。西日本ならこれに更にクマゼミのじゃんじゃん鳴らす銅鑼の響が加わったり。もちろん彼らは楽しんでるわけではなく、短い命の間の必死な生殖行動なのですが。
メジャーだが謎多き昆虫都市部にも多く生息し、大型でよく鳴き活発な蝉は、誰もがよく知る身近な虫の代表選手。野山に入らなくても「ニンフ」と呼ばれる羽化したての青白い姿を間近で観察できる数少ない昆虫ですが、その生涯のほとんどを地中で暮らし、また成虫を捕獲しても飼育が困難なことからまだその生態はわかっていなことが多いようです。
たとえば以前は成虫になると二週間足らずで死ぬと思われていたのが、比較的それより長く、一ヶ月前後は生きるらしい、ともわかってきました。また、成虫になるとすぐに鳴けるわけではなく、数日間は発声器官が機能しないらしい、とも。アメリカの蝉の中には十七年周期、十三年周期で大発生する「素数ゼミ」という予備校みたいな名前の蝉もいて、その周期の理由も判明していません。
まだまだこの先夏休みの間中鳴き続ける蝉です。じっくり観察していたら、もしかしたらまだ知られていない蝉の生態を、世界で初めて発見できるかもしれませんよ。