松江/山陰バリアフリーツアーセンター
総アクセス数:10402002
今日のアクセス数:309
昨日のアクセス数:5313

因幡の白兎神社は、白兎をお祭りしています!

2023年01月11日 11:20   松江/山陰バリアフリーツアーセンター
コメント(0)

ハダル@矢野です。
皆様、新年 明けましておめでとうございます。
2023年の干支(えと)は「卯(ウサギ)」ですので、兎にちなんだお話を紹介します。
皆様もよ~くご存じの白兎(はくと)神社(鳥取市白兎)に祭られている白兎。
現存する日本最古の書物、古事記に書かれた神話「因幡の白兎(ウサギ)」と縁が深い、由緒ある神社ですね。
話に登場する「白兎神」を主神とし、境内では石像や砂像など、さまざまなウサギを見ることができるそうです。

神話では大国主命が八上比売(やがみひめ)へ求婚するために因幡へ向かう途中、
ワニザメに毛皮をはぎ取られて泣いているウサギを見つける。
かわいそうに思った大国主命がけがの治し方を教えると、
ウサギは「八上比売はあなたの妻になると言うでしょう」と予言し、
実際に八上比売は大国主命の妻になった、というストーリーです。

神話から白兎神には縁結びや医療の御利益があるとされるのはここからきています。
砂像が卯年に向けてリニューアルされたそうです。
以前は手を取り合う大国主命と八上比売をウサギが見つめる砂像でした。
参道の入り口には神話を基にした砂像(高さ1・7メートル、幅3・4メートル、奥行き3・6メートル)があり、
大国主命と八上比売が寄り添う前で、ウサギが寝そべっているそうです。
神社によると、地元の市民有志が、干支に合わせて12年ぶりにリニューアルされたようです。
参拝客の撮影スポットになり、卯年に向けて機運がアップし、盛り上がりそうですね!
また、参道の両脇にはウサギの石像(高さ約20センチ)18羽があり、
2足で立ち上がった姿や、跳ぶ最中の姿など、さまざまなウサギが並び、
どれも愛らしいです。
社務所で販売する、良縁・子宝・繁盛・飛躍・健康の五つの縁を示す「結び石」を、
鳥居の上に投げて置くと願いがかなうとされていますが、
ウサギの石像周辺に供えて祈る参拝客も多いといいます。
鳥取市に観光の方は、ぜひ、参拝いただき、ご利益をGETしてくださいね!