松江/山陰バリアフリーツアーセンター
総アクセス数:9460415
今日のアクセス数:4937
昨日のアクセス数:6605

災害時に最低これだけは持って避難する物は!

2022年07月12日 13:10   松江/山陰バリアフリーツアーセンター
コメント(0)

ハダル@矢野です。
梅雨は、明けましたが、これからが夏本番といったところですね!
こちら山陰の海水浴場でも海開きが続々と開かれています。
この間のニュースでは、山陰各地の海水浴場は、透明度、大腸菌数など基準は、
クリアしているそうですので、是非、お出かけください。
さて、今年も各地で、既に避難情報が気象台や自治体から流れています。
その時々で避難する際にもって行けるものを皆さんは、どのようにお考えでしょうか?
避難に時間がある時ととっさの場合とあると思いますが、これだけは、最低必要なものがあります。
さて、災害救助に出動したり、野外訓練で陸上自衛隊では、どんな教育を受けているのでしょうか?
少し調べてみましたので、ご参考にしてください。
生き延びていくには、『空気・体温・水分・食料』が重要。
このうち水分について陸上自衛隊では『災害時や野外行動で重宝するのは水道水』と教わるそうです。
どのような状況におかれているかによって重要度は異なりますね。
これは、大規模災害時です。
十分な空気を確保できているなら、「身体を温めることが第一優先」が鉄則です。
特に冬場は、「まず身体を温める」という行動が重要です。
ビニール袋や新聞紙は保温に役に立つので、腹に巻いたり、服のように着るといいでしょう。
特に女性が持っておいたほうが良いものに、「ポンチョ」があります。
保温に使えるのはもちろんのこと、お子さんを抱えながら雨風をしのぐのに役立つことや、
野外での着替えなどにも使えるからです。
次に、災害時で最強の飲み物は、水道水です。
水道水はとにかく腐らないからです。
水道水は常温で3日間持ちます。
そして、何日も水筒に入れっぱなしでもあまり腹を壊さない、傷の手当てにも使えるなどの利点が多いのです。
「カルキくさい」「塩素くさい」と評判の悪い水道水ですが、
水道水はきびしい検査があり、日本ほどきびしい基準を設けている国はほぼありません。
次に非常食は「普段でもおいしく食べられる」で選ぶことが重要です。
まず、大前提として非常食を「面倒くさいから同じでいいや」と適当に準備するのは避けましょう。
理由は、同じものばかりを食べていると、身体が「拒否反応」を起こすことがあるからです。
お腹が空いていても「これだけは食べたくない……」という
気持ちになります。
そして、非常食は味にクセがあるものも多いので、
口に合わないと災害時に、「食べたくない……」ということが起こります。
こうなると、空腹を感じていても脳が食べることを拒否して、なかなか飲み込めなくなります。
拒否反応を防ぐためにも、非常食も味に多彩性を持たせましょう。
たまにはレトルト食品も食べ比べして、「普段でもおいしく食べられる」非常食を選んでください。
災害時に口に合わない非常食を食べ続けるのは苦行ですからね。
また、非常食は「糖質」がメインになりがちなので、
タンパク質を補うために「プロテイン」も準備しておいてください。
プロテインは保存が利くタンパク質で、ストレスで食欲がなくても飲んで栄養補給できます。
いざというときに大切な食料になります。
以上、参考にしてください。
とっさにであれば、私は、携帯電話・ポケットラジオ・水道水の入った水筒または、ペットボトルです。