松江/山陰バリアフリーツアーセンター
総アクセス数:6006108
今日のアクセス数:1668
昨日のアクセス数:6926

出雲大社でも初詣は分散参拝を呼び掛けしています!

2020年12月15日 17:12   松江/山陰バリアフリーツアーセンター
コメント(0)


ハダル@矢野です。今朝は初雪を観測した松江市です。たコロナウィルスの感染拡大になるのか師走らしい気温となってきました。 
島根県出雲市の出雲大社では14日、新型コロナウイルスの感染防止のため、新春の初詣について、15日から2021年2月23日までの71日間に分散参拝するよう呼び掛けを始めました。破魔矢など縁起物の授与も15日に始めるそうです。
例年、全国各地からの初詣客でにぎわい、15~20年の三が日は少ない年でも52万5千人、多い年だと75万人が訪れています。
コロナ禍の21年は例年より少ないと予想するものの混雑は避けられないとみて、異例の分散参拝の呼び掛けに踏み切ったとのことです。
お神酒の授与や正月恒例の「番内さん」の衣装と面の貸し出しも取りやめるとのことです。
このほか当面の間、参拝時間を午前6時から午後6時までとして終わりを2時間繰り上げ、それ以外の時間は銅鳥居前で参拝するよう呼び掛けています。


27日に新年の若水をくむ井戸を清める御饌井(みけい)祭、31日に大祓(おおはらえ)と除夜祭を執り行い、新年を迎えるそうです。
参拝に関する問い合わせは同大社社務所、電話0853(53)3100。
大みそか夜と元日などの対応については同大社ホームページで適宜伝える方針だということですので、参拝をお考えの方は、チェックが必須ですよ!